『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=188479)

EID=188479EID:188479, Map:0, LastModified:2009年3月11日(水) 16:55:37, Operator:[奥嶋 政嗣], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[奥嶋 政嗣], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.社団法人 土木學會 [継承]
著者 (必須): 1. (英) (日) 村瀬 満記 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 秋山 孝正 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.奥嶋 政嗣 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 交通事故多発交差点に関する事故要因分析システムの構築   [継承]
副題 (任意): (英) -  (日)    [継承]
要約 (任意): (英)   (日) 交通事故多発交差点における交通安全対策策定のためには,交通事故多発交差点の的確な交通事故要因の把握が必要不可欠である.交通事故多発交差点は,規模,形状,交通状況など多様な要素が複雑に関連しており,交通事故要因の把握のためには,これらの項目相互の関連性および交通事故発生との因果関係を,交通事故要因に関わる知見として蓄積する必要がある.本研究では,交通事故多発地点での交通事故関連データベースを作成するとともに,交通事故要因分析システムを構築することにより,交通事故要因に関して分析する.また,交通安全対策効果を計測可能な交通事故推計モデルを構築し,分析システムを利用した交通安全対策の立案方法を示す.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 社団法人 土木學會 [継承]
誌名 (必須): 土木計画学研究·論文集 ([社団法人 土木學會])
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 21 [継承]
(必須): 4 [継承]
(必須): 967 976 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2004年 9月 30日 (平成 16年 9月 30日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 村瀬 満記, 秋山 孝正, 奥嶋 政嗣 : 交通事故多発交差点に関する事故要因分析システムの構築, 土木計画学研究·論文集, Vol.21, No.4, 967-976, 2004年.
欧文冊子 ● 村瀬 満記, 秋山 孝正 and Masashi Okushima : 交通事故多発交差点に関する事故要因分析システムの構築, --- - ---, Infrastructire Planning Review, Vol.21, No.4, 967-976, 2004.

関連情報

Number of session users = 4, LA = 1.23, Max(EID) = 376458, Max(EOID) = 1008230.