『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=188478)

EID=188478EID:188478, Map:0, LastModified:2009年3月11日(水) 16:59:01, Operator:[奥嶋 政嗣], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[奥嶋 政嗣], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) (日) 秋山 孝正 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.奥嶋 政嗣 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 北村 隆一 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 交通行動データを用いた鉄道と買物に関する基礎的分析   [継承]
副題 (任意): (英) -  (日)    [継承]
要約 (任意): (英)   (日) 鉄道事業と商業活動が一体化する近年の動向を踏まえて,都市交通現象面から鉄道駅周辺の商業系施設に関係する交通行動の経年的変化を分析する.具体的には,交通行動面から鉄道主要駅の利用者に関して年齢・性別・就業状況などの個人属性ごとの集計を行う.つぎに各時点間の主要鉄道駅周辺における各私鉄事業者の商業開発との交通行動変化の関係を考察する.これらより,鉄道駅ビジネスの鉄道利用者に与える交通行動変化を実証的に検討できる.また統計的な分析結果を踏まえて,交通行動データより典型的な交通行動者の「トリップ連鎖」を観察する.これより現実的に発生する経年的な交通行動変化の詳細な理解が可能となる.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) (日) 日本交通学会 (読) [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 交通学研究/2004年研究年報 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 48 [継承]
(必須): - [継承]
(必須): 169 178 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2005年 3月 28日 (平成 17年 3月 28日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 秋山 孝正, 奥嶋 政嗣, 北村 隆一 : 交通行動データを用いた鉄道と買物に関する基礎的分析, 交通学研究/2004年研究年報, Vol.48, No.-, 169-178, 2005年.
欧文冊子 ● 秋山 孝正, Masashi Okushima and 北村 隆一 : 交通行動データを用いた鉄道と買物に関する基礎的分析, --- - ---, 交通学研究/2004年研究年報, Vol.48, No.-, 169-178, 2005.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 1.00, Max(EID) = 376546, Max(EOID) = 1008420.