『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=188477)

EID=188477EID:188477, Map:0, LastModified:2013年3月4日(月) 13:26:45, Operator:[松井 栄里], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[奥嶋 政嗣], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.高速道路調査会 [継承]
著者 (必須): 1. (英) (日) 西林 素彦 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 大藤 武彦 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.奥嶋 政嗣 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) (日) 井上 矩之 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 都市高速道路における流入調整による交通制御手法の事前評価   [継承]
副題 (任意): (英) -  (日)    [継承]
要約 (任意): (英)   (日) 都市高速道路網における交通制御手法の一つである「入路流入調整方式」について,実際のフィールドで実験的に「入路流入調整方式」を現地適用して効果を検証するとともに,ドライバーの意識調査を通した導入可能性と要件を検討した.また,ドライバーに受認され得る方式として,「渋滞水準を考慮した動的LP制御モデル」を構築して交通シミュレータを活用して効果と影響を評価し,実用化に向けた課題を提案した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 高速道路調査会 [継承]
誌名 (必須): 高速道路と自動車 ([高速道路調査会])
(pISSN: 0287-2587)

ISSN (任意): 0287-2587 [継承]
[継承]
(必須): 48 [継承]
(必須): 4 [継承]
(必須): 19 28 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2005年 4月 1日 (平成 17年 4月 1日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/40006694868/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 40006694868 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 西林 素彦, 大藤 武彦, 奥嶋 政嗣, 井上 矩之 : 都市高速道路における流入調整による交通制御手法の事前評価, 高速道路と自動車, Vol.48, No.4, 19-28, 2005年.
欧文冊子 ● 西林 素彦, 大藤 武彦, Masashi Okushima and 井上 矩之 : 都市高速道路における流入調整による交通制御手法の事前評価, --- - ---, 高速道路と自動車, Vol.48, No.4, 19-28, 2005.

関連情報

Number of session users = 3, LA = 0.56, Max(EID) = 376490, Max(EOID) = 1008309.