『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=188472)

EID=188472EID:188472, Map:0, LastModified:2009年3月11日(水) 17:03:21, Operator:[奥嶋 政嗣], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[奥嶋 政嗣], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.社団法人 土木學會 [継承]
著者 (必須): 1. (英) (日) 和泉 範之 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.奥嶋 政嗣 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 秋山 孝正 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 空間情報を利用した交通行動の時間的推移の表現方法   [継承]
副題 (任意): (英) -  (日)    [継承]
要約 (任意): (英)   (日) パーソントリップ調査データは,交通計画の基本データであり,トリップメーカーの1日の交通行動が記載されている.一方で,空間情報システムは各種の空間情報を格納することが可能である.本研究では,全般的に交通計画の基本資料である都市圏PT調査の有効利用方法を検討する.具体的には,�GISで創出可能な空間情報を交通データと統合し,都市圏の交通現象を時空間的に把握する.これにより,都市交通現象を時間的変化,空間的分布の任意側面から検討できる.�精緻な交通行動分析には,道路交通センサス,都市交通調査などの特定目的別交通調査の統合的利用が望まれる.しかしながらGISの空間情報補足と分析機能の援用により交通現象の理解が容易となる.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 社団法人 土木學會 [継承]
誌名 (必須): 土木計画学研究·論文集 ([社団法人 土木學會])
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 22 [継承]
(必須): 3 [継承]
(必須): 405 412 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2005年 10月 31日 (平成 17年 10月 31日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 和泉 範之, 奥嶋 政嗣, 秋山 孝正 : 空間情報を利用した交通行動の時間的推移の表現方法, 土木計画学研究·論文集, Vol.22, No.3, 405-412, 2005年.
欧文冊子 ● 和泉 範之, Masashi Okushima and 秋山 孝正 : 空間情報を利用した交通行動の時間的推移の表現方法, --- - ---, Infrastructire Planning Review, Vol.22, No.3, 405-412, 2005.

関連情報

Number of session users = 3, LA = 0.71, Max(EID) = 376453, Max(EOID) = 1008223.