『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=188470)

EID=188470EID:188470, Map:0, LastModified:2018年7月2日(月) 18:49:59, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[奥嶋 政嗣], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.奥嶋 政嗣 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 秋山 孝正 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 交通均衡分析を用いた都市高速道路の対距離料金制度の検討   [継承]
副題 (任意): (英) -  (日)    [継承]
要約 (任意): (英)   (日) 対距離料金制度として,数種類の料金設定方法を提案する.具体的には直線的変化する距離比例料金から連続的変化する関数型料金まで段階的に具体的な料金設定方法に関する検討を行う.これらの対距離料金制度の料金設定について,社会的な効率性などの観点から有効性を検討する.最終的に,都市道路網を対象とした交通均衡分析に基づき,各種の指標を検討することで,対距離料金制度の料金設定について,具体的な特徴を実証的に整理することができる.本研究では,都市高速道路の具体的な対距離料金制度導入に関して交通現象解析にもとづき,社会的便益の増加と現実的料金設定の視点から検討を行う.したがって最終的には,都市高速道路に対する対距離料金制度導入に有効性が期待できることを示す.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) (日) 日本交通学会 (読) [継承]
誌名 (必須): 交通学研究 : 研究年報 (日本交通学会)
(pISSN: 0387-3137)

ISSN (任意): 0387-3137
ISSN: 0387-3137 (pISSN: 0387-3137)
Title: 交通学研究
Supplier: 学術雑誌目次速報データベース由来
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 49 [継承]
(必須): - [継承]
(必須): 81 90 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2006年 3月 28日 (平成 18年 3月 28日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/40015256338/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 40015256338 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 奥嶋 政嗣, 秋山 孝正 : 交通均衡分析を用いた都市高速道路の対距離料金制度の検討, 交通学研究 : 研究年報, Vol.49, No.-, 81-90, 2006年.
欧文冊子 ● Masashi Okushima and 秋山 孝正 : 交通均衡分析を用いた都市高速道路の対距離料金制度の検討, --- - ---, The Japanese Journal of Transportation Economics, Vol.49, No.-, 81-90, 2006.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.73, Max(EID) = 376494, Max(EOID) = 1008314.