『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=188464)

EID=188464EID:188464, Map:0, LastModified:2017年4月25日(火) 19:43:34, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[奥嶋 政嗣], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.社団法人 土木學會 [継承]
著者 (必須): 1.奥嶋 政嗣 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 秋山 孝正 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 局所的相互作用を考慮した都市交通政策評価のための人工社会モデル   [継承]
副題 (任意): (英) -  (日)    [継承]
要約 (任意): (英)   (日) 本研究では,都市交通現象を多様な構成要素に基づく複雑系として取り扱う.特に,都市交通政策導入時の交通行動変化を,自律的な交通行動主体を基本とした人工社会モデルにおいて構成する.いわゆる仮想社会におけるマルチエージェントシミュレーションにより,日常的な交通行動変化を観測する.既存の複雑系研究と同様に交通行動の複雑な様相の具体的な記述を試みる.特に人工社会のエージェントによる局所的変化とシステム全体との相互作用から生じる大局的現象を観測することで,都市交通現象の発生メカニズムを分析する.これより最終的に都市交通現象の複雑系としての解析可能性が整理できる.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 社団法人 土木學會 [継承]
誌名 (必須): 土木学会論文集D ([社団法人 土木學會])
(eISSN: 1880-6058)

ISSN (任意): 1880-6058
ISSN: 1880-6058 (eISSN: 1880-6058)
Title: 土木学会論文集D
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 63 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 134 144 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2007年 7月 20日 (平成 19年 7月 20日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.2208/jscejd.63.134    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 奥嶋 政嗣, 秋山 孝正 : 局所的相互作用を考慮した都市交通政策評価のための人工社会モデル, 土木学会論文集D, Vol.63, No.2, 134-144, 2007年.
欧文冊子 ● Masashi Okushima and 秋山 孝正 : 局所的相互作用を考慮した都市交通政策評価のための人工社会モデル, --- - ---, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D, Vol.63, No.2, 134-144, 2007.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.72, Max(EID) = 376549, Max(EOID) = 1008437.