『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=188454)

EID=188454EID:188454, Map:0, LastModified:2009年3月11日(水) 17:33:09, Operator:[奥嶋 政嗣], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[奥嶋 政嗣], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) (日) 秋山 孝正 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.奥嶋 政嗣 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 都市交通政策としてのゾーン別混雑料金設定   [継承]
副題 (任意): (英) -  (日)    [継承]
要約 (任意): (英)   (日) 実際的な混雑料金政策の運用では,料金徴収方法や混雑料金水準の設定方法が問題であり,特にリンク単位の課金は現実的には困難である.本研究では,具体的方法として「ゾーン別混雑料金」を検討し,都市交通の道路交通緩和効果と社会的便益による混雑料金政策分析を行う.具体的には混雑料金と交通量配分法の理論的関係を整理する.また需要変動型の交通量配分によるゾーン別混雑料金問題に対してGAを用いた解法を紹介する.さらに,モデルの拡張として交通機関分担を明示的に算定可能な統合型交通量配分を導入する.同様にGAを用いて,公共交通変化を考慮したゾーン別混雑料金が検討可能となる.これより,都市道路網の実用的な混雑料金政策の導入方法が議論できる.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) (日) 日本交通学会 (読) [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 交通学研究/2002年研究年報 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 46 [継承]
(必須): - [継承]
(必須): 201 210 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2003年 3月 28日 (平成 15年 3月 28日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 秋山 孝正, 奥嶋 政嗣 : 都市交通政策としてのゾーン別混雑料金設定, 交通学研究/2002年研究年報, Vol.46, No.-, 201-210, 2003年.
欧文冊子 ● 秋山 孝正 and Masashi Okushima : 都市交通政策としてのゾーン別混雑料金設定, --- - ---, 交通学研究/2002年研究年報, Vol.46, No.-, 201-210, 2003.

関連情報

Number of session users = 4, LA = 0.46, Max(EID) = 376458, Max(EOID) = 1008230.