『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=187660)

EID=187660EID:187660, Map:0, LastModified:2022年5月5日(木) 20:39:34, Operator:[[ADMIN]], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[杉山 茂], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 教育 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.先進物質材料部門.機能性材料 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
2.徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.総合技術センター.分析・解析技術分野 (〜2016年3月31日) [継承]
3.徳島大学.常三島事務部.理工学部事務課.総務係 [継承]
4.徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.エネルギーシステム部門.エネルギー変換工学 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1.杉山 茂
役割 (任意): (英)   (日) 論文執筆   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.稲岡 武
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.杉野 彰一
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.大西 徳生
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Present Situation and Ripple Effects of "Scinece Summer Festival in Tokushima" Held to Aim to Avoid Moving Away from the Engineering  (日) 工学離れを防 ぐ''科学体験フェスティバル in 徳島''の現状と波及効果   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 平成20年度に第12回開催となった''科学体験フェスティバルin徳島''についての開催から現在までの経緯をまとめ,第12回大会の参加者のアンケート調査の結果と考察,また工学部新入学生への入学動機に対する本大会の波及効果を検証したものをまとめた.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Motive for Learning (日) 学習動機 (読) [継承]
2. (英) Creative Education (日) 物づくり教育 (読) [継承]
3. (英) Student (日) 学生 (読) [継承]
4. (英) Pupil (日) 生徒 (読) [継承]
5. (英) Faculty of Engineering (日) 工学部 (読) [継承]
発行所 (推奨): 社団法人 日本工学教育協会 [継承]
誌名 (必須): 工学教育 ([社団法人 日本工学教育協会])
(pISSN: 1341-2167, eISSN: 1881-0764)

ISSN (任意): 1341-2167
ISSN: 1341-2167 (pISSN: 1341-2167, eISSN: 1881-0764)
Title: 工学教育
Supplier: 公益社団法人 日本工学教育協会
Publisher: Japanese Society for Engineering Education
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 57 [継承]
(必須): 3 [継承]
(必須): 14 19 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2009年 5月 20日 (平成 21年 5月 20日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/10025567887/ [継承]
DOI (任意): 10.4307/jsee.57.3_14    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
CRID (任意): 1390001204493897472 [継承]
NAID : 10025567887 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 杉山 茂, 稲岡 武, 杉野 彰一, 大西 徳生 : 工学離れを防 ぐ''科学体験フェスティバル in 徳島''の現状と波及効果, 工学教育, Vol.57, No.3, 14-19, 2009年.
欧文冊子 ● Shigeru Sugiyama, Takeshi Inaoka, Syoichi Sugino and Tokuo Ohnishi : Present Situation and Ripple Effects of "Scinece Summer Festival in Tokushima" Held to Aim to Avoid Moving Away from the Engineering, Journal of Japanese Society for Engineering Education, Vol.57, No.3, 14-19, 2009.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.44, Max(EID) = 407500, Max(EOID) = 1104191.