『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=184711)

EID=184711EID:184711, Map:[2008/生命機能セミナー], LastModified:2011年4月7日(木) 22:31:53, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 生命機能セミナー (読) せいめいきのうせみなー
[継承]
形態 (不用): 1.英語(Reading中心) [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命機能サブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.渡部 稔 ([徳島大学.教養教育院])
肩書 (任意): 准教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 英語で書かれた標準的なテキストを輪読し,科学英語に慣れることを第一の目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 英語で書かれた標準的なテキストの輪読.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) DNA (日) (読) [継承]
2. (英) RNA (日) (読) [継承]
3. (英) protein (日) (読) [継承]
4. (英) gene (日) (読) [継承]
5. (英) biotechnology (日) (読) [継承]
先行科目 (推奨): 1.分子生物学 ([2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/分子生物学])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
2.発生学 ([2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/発生学])
必要度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
3.分子遺伝学 ([2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/分子遺伝学])
必要度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨): 1.代謝異常学 ([2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命機能サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/代謝異常学])
関連度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
2.生命機能実験I ([2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命機能サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/生命機能実験I])
関連度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
3.生命機能実験II ([2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命機能サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/生命機能実験II])
関連度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
注意 (任意): (英)   (日) 毎回,必ず予習をしてくること.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 科学英語と学術用語に慣れ,書かれている内容を正しく理解する.またある程度の量の英文を読みこなせるようになる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 丸善「Molecular Biology of the Cell 」Alberts他著のChapter 8他を輪読する.  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 毎回の授業への予習などを含む取組みの姿勢.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 無   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 学期の初めにプリントを配付.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.渡部 稔 ([徳島大学.教養教育院])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/生命機能セミナー)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/生命機能セミナー) 閲覧 【授業概要】(2009/生命機能セミナー) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 生命機能セミナー / 生命機能セミナー
欧文冊子 ● 生命機能セミナー / 生命機能セミナー

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 2, LA = 0.45, Max(EID) = 405216, Max(EOID) = 1098854.