『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=184511)

EID=184511EID:184511, Map:[2008/数理科学の基礎I], LastModified:2011年4月7日(木) 17:55:00, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 数理科学の基礎I (読) すうりかがくのきそ
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.大渕 朗
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 微分積分学は数学のみならず他の広い分野で用いられている.今では自然科学の事象を表す一つの言語であり基礎的なものです.本講義では高校の時に学習するであろう関数の連続や微分及び積分という概念を改めてその定義に立ち返り学習し,高校の時には扱わないような関数も含めてそれら計算が出来るようになることを目的とします.また,様々な解析学に関する言葉の定義を具体的な例を通して理解しその知識を取得することも目的の一つです.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 微分積分学   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 一変数関数の微分積分学 (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.数理科学の基礎II ([2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科]/[学士課程]]/->授業概要[2008/数理科学の基礎II])
関連度 (任意):
[継承]
注意 (任意): (英)   (日) 計算力を付けるためには問題演習は欠かせませんがそのための時間を講義内で多く取ることは困難です.各自で問や演習問題を解くことをお願いします.疑問があったら気軽に聞いて欲しい.高校数学の内容でも構いません.高校で数学Ⅲを履修していない学生は全学共通教育での「高大接続科目·数学」を受講する事をお勧めします.この講義の内容理解の助けになると思います.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 微分積分学に関する定義が理解出来る.  
[継承]
2.(英)   (日) 微分積分の計算が出来る.  
[継承]
3.(英)   (日) 微分積分法を応用した問題を解くことが出来る.  
[継承]
4.(英)   (日) 論理的に理解出来る答案を作成出来る.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 数列の極限(その1)(定義と性質)  
[継承]
2.(英)   (日) 数列の極限(その2)(計算)  
[継承]
3.(英)   (日) 1変数関数の極限  
[継承]
4.(英)   (日) 連続関数  
[継承]
5.(英)   (日) 中間値の定理と逆関数  
[継承]
6.(英)   (日) 1変数関数の微分  
[継承]
7.(英)   (日) 逆関数の微分  
[継承]
8.(英)   (日) 平均値の定理  
[継承]
9.(英)   (日) 不定形の極限  
[継承]
10.(英)   (日) テイラーの定理  
[継承]
11.(英)   (日) 1変数関数の積分(原始関数と不定積分)  
[継承]
12.(英)   (日) 部分積分と置換積分  
[継承]
13.(英)   (日) 有理関数などの不定積分  
[継承]
14.(英)   (日) 定積分(その1)(定義と性質)  
[継承]
15.(英)   (日) 定積分(その2)(計算)  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 受講姿勢及びレポートによる平常点と期末試験による得点で評価します.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 有   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 戸田 暢茂 著 「基礎微分積分学」 学術図書出版社   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意): http://www-math.ias.tokushima-u.ac.jp/~ohbuchi/index1.html [継承]
連絡先 (推奨): 1.大渕 朗
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 火曜日 12:00_13:00(随時受け付けます)   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/数理科学の基礎I)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/数理科学の基礎I) 閲覧 【授業概要】(2009/数理科学の基礎I) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 数理科学の基礎I / 数理科学の基礎I
欧文冊子 ● 数理科学の基礎I / 数理科学の基礎I

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(6)
Number of session users = 0, LA = 1.37, Max(EID) = 409309, Max(EOID) = 1109010.