『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=184358)

EID=184358EID:184358, Map:[2008/地域調査法CI], LastModified:2011年4月7日(木) 02:15:09, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 地域調査法CI (読) ちいきちょうさほう
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.豊田 哲也 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース]/[徳島大学.大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 社会調査·地域調査は,文化人類学·地理学·社会学といった実証主義的な学問における基本的な研究手法である.「地域調査法CI·II」では,地理学的手法を取り入れた調査(フィールドワーク)の基本的な理論と手法を修得することを目的としている.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 地理学的地域調査とデータ解析の技法   [継承]
キーワード (推奨): 1.地理学 (geography) [継承]
2.社会調査 (social survey) [継承]
3.地域問題 (regional problem) [継承]
先行科目 (推奨): 1.社会統計基礎論 ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/社会統計基礎論])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.地域調査法CII ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/地域調査法CII])
関連度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
2.地域調査実習CI ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/地域調査実習CI])
関連度 (任意):
[継承]
3.地域調査実習CII ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/地域調査実習CII])
関連度 (任意):
[継承]
注意 (任意): (英)   (日) 「地域調査法CI·II」 では調査の理論と技法を,「地域調査実習CI·II」 では実践と応用を学ぶので,両者を併せて受講することが望ましい.授業では,講義形式による解説に平行してコンピュータを利用した実習をおこなう.前提として受講者は「社会統計基礎論」をあらかじめ履修しておくか,並行して履修することが求められる.なお,利用可能な端末の台数によって受講者を制限する場合がある.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 人文地理学的な地域研究の方法を理解し,社会調査·地域調査をおこなうのに必要な基礎知識を身につける.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 社会調査·地域調査の目的 : 社会調査の意義,歴史,方法,倫理に関する概説  
[継承]
2.(英)   (日) 社会調査の方法論 : 量的調査と質的調査,マクロスケールとミクロスケール  
[継承]
3.(英)   (日) 文献サーベイの方法(1) : 文献目録データベースの使い方  
[継承]
4.(英)   (日) 文献サーベイの方法(2) : 外国語文献へのアプローチ  
[継承]
5.(英)   (日) 官庁統計の利用方法(1) : 統計の種類と性格,調査項目,統計情報インデックス  
[継承]
6.(英)   (日) 官庁統計の利用方法(2) : 統計基準(日本産業分類·日本職業分類など)と地区単位  
[継承]
7.(英)   (日) 地図情報の利用方法(1) : 一般図と主題図,地図の種類と検索方法  
[継承]
8.(英)   (日) 地図情報の利用方法(2) : レポート作成のための地図表現  
[継承]
9.(英)   (日) 社会調査·地域調査に関する文献講読(1) : マクロスケールからのアプローチ  
[継承]
10.(英)   (日) 社会調査·地域調査に関する文献講読(2) : ミクロスケールからのアプローチ  
[継承]
11.(英)   (日) フィールドワークの方法(1) : 調査依頼,聞き取り,現地観察,記録の技法  
[継承]
12.(英)   (日) フィールドワークの方法(2) : アンケート調査の設計と実施方法  
[継承]
13.(英)   (日) 社会調査·地域調査に関する文献講読(3) : 現地調査によるアプローチ  
[継承]
14.(英)   (日) 社会調査·地域調査に関する文献講読(4) : アンケート調査によるアプローチ  
[継承]
15.(英)   (日) 実務への応用 : マーケティング,世論調査,地域計画など  
[継承]
16.(英)   (日) 授業のまとめ  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 授業内容の理解度を確認するための小テストや小レポートを課す.また,授業で与えられる課題に沿って,各自の分析結果をプレゼンテーションしてもらう.テーマ選択の着眼点,分析の的確さ,考察の論理性を基準に評価をおこなう.試験は実施しない.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 行わない   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 大谷信介他編著『社会調査へのアプローチ・第2版』ミネルヴァ書房,2005年   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.豊田 哲也 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース]/[徳島大学.大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部])
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 木曜 12:00∼13:00   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 隔年開講のため,平成20年度は開講しない.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/地域調査法CI)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/地域調査法CI) 閲覧 【授業概要】(2009/地域調査法CI) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 地域調査法CI / 地域調査法CI
欧文冊子 ● 地域調査法CI / 地域調査法CI

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(5)
Number of session users = 1, LA = 0.46, Max(EID) = 407330, Max(EOID) = 1103930.