『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=184321)

EID=184321EID:184321, Map:[2008/地域構造論研究I], LastModified:2011年4月8日(金) 15:41:40, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 地域構造論研究I (読) ちいきこうぞうろんけんきゅう
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域情報サブコース]/[学士課程] [継承]
2.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域社会サブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.豊田 哲也 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース]/[徳島大学.大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 近年「都市論」は,建築学·社会学·歴史学·文学等の幅広い分野において,かつてない大きな関心を集めるようになった.こうした思潮に先んじて,地理学では都市研究に多くの蓄積を重ねてきた.都市地理学と呼ばれる学問分野は,空間的側面から都市の機能や形態に注目し,これを系統立てて理解しようとする.本講義では都市をシステム論的な視点から把握し,都市と都市との関係 (inter-urban system)と,都市内部における地域と地域の関係 (intra-urban system)の二つの空間スケールから,都市形成のメカニズムを広く考察する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 都市地理学の基本問題   [継承]
キーワード (推奨): 1.地理学 (geography) [継承]
2.都市システム (urban system) [継承]
3.空間構造 (spatial structure) [継承]
4.都市のモデル化 (urban modelling) [継承]
5.地域問題 (regional problem) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.地域構造論研究II ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域情報サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域社会サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/地域構造論研究II])
関連度 (任意):
[継承]
2.人文地理学研究I ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/人文地理学研究I])
関連度 (任意):
[継承]
3.都市·交通計画 ([2006/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]])
関連度 (任意):
[継承]
4.人文地理学研究II ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/人文地理学研究II])
関連度 (任意):
[継承]
注意 (任意): (英)   (日) 都市をキーワードとして各回の話題は歴史学,社会学,経済学,建築学,心理学へと広がる.授業中はノートをきちんと取って復習に役立ててほしい.この授業は教員免許取得(中学校·社会,高校·地歴)のための必修科目にあたる(「人文地理学研究I」といずれか選択).なお,「地域構造論研究I」(平成21年度開講予定)と「地域構造論研究II」(平成22年度開講)とは,隔年で交互に開講される.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 都市地理学が扱う幅広いテーマについて学説史をふまえた基礎的知識を有し,複雑な現象の背後にはたらく諸要因を理論的に検討する能力を身につける.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 都市地理学の分析視角  
[継承]
2.(英)   (日) 都市の成立と歴史的展開  
[継承]
3.(英)   (日) 経済発展と中心·周辺モデル  
[継承]
4.(英)   (日) 都市の順位·規模モデル  
[継承]
5.(英)   (日) 都市の機能と類型区分  
[継承]
6.(英)   (日) 都市成長と経済基盤モデル  
[継承]
7.(英)   (日) 中心地理論と都市システム  
[継承]
8.(英)   (日) 第1回テスト  
[継承]
9.(英)   (日) 都市の内部構造理論  
[継承]
10.(英)   (日) 都市の地価形成と土地利用  
[継承]
11.(英)   (日) 都市空間の知覚  
[継承]
12.(英)   (日) 都市圏の構造変化  
[継承]
13.(英)   (日) 現代の都市問題と都市の未来  
[継承]
14.(英)   (日) 経済のグローバル化と世界都市  
[継承]
15.(英)   (日) 第2回テスト  
[継承]
16.(英)   (日) 授業のまとめ  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 試験(持ち込み不可)は2回に分けて実施し,出席状況など授業への取り組みと併せて成績評価をおこなう.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) あり   [継承]
対象学生 (不用): 他学科,他学部学生も履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 高橋伸夫他著 『新しい都市地理学』 東洋書林,1997年   [継承]
2.(英)   (日) 富田和暁·藤井正編 『図説·大都市圏』 古今書院,2001年   [継承]
3.(英)   (日) このほか授業教材として毎回プリントを配布する.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.豊田 哲也 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース]/[徳島大学.大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部])
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 木曜日 12:00∼13:00   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 隔年開講のため,平成22年度は開講しない.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/地域構造論研究I)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/地域構造論研究I) 閲覧 【授業概要】(2009/地域構造論研究I) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 地域構造論研究I / 地域構造論研究I
欧文冊子 ● 地域構造論研究I / 地域構造論研究I

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(6)
Number of session users = 0, LA = 0.31, Max(EID) = 407341, Max(EOID) = 1103948.