『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=184283)

EID=184283EID:184283, Map:[2008/刑事訴訟法], LastModified:2011年4月11日(月) 16:42:08, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 刑事訴訟法 (読) けいじそしょうほう
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.法律経済コース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.山本 雅昭
肩書 (任意):
[継承]
2.上原 克之 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.公共政策系.法律・政治分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.公共政策コース])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 国は犯罪者に対して刑罰権をもつが,刑罰権を実現するには犯罪を犯したと疑われる者が犯罪を行ったことを確定しなければならない.そのために,捜査機関の捜査に始まり,裁判所の審理・判決,行刑機関による刑罰の執行に至る一連の刑事手続が整備されている.刑法が刑罰の前提となる犯罪という要件と刑罰という効果を問題とする法領域を指し刑事実体法といわれるのに対して,具体的事件に臨んで国に刑罰権が発生しているか否かを確定する刑事手続を問題とする法領域を刑事手続法というが,本講義では,こうした刑事手続法を概観することとしたい.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 刑事訴訟法   [継承]
キーワード (推奨): 1.法律 (law) [継承]
先行科目 (推奨): 1.憲法I ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.法律経済コース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/憲法I])
必要度 (任意):
[継承]
2.憲法II ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.法律経済コース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/憲法II])
必要度 (任意):
[継承]
3.行政法I ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.法律経済コース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/行政法I])
必要度 (任意):
[継承]
4.行政法II ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.法律経済コース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/行政法II])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.刑法I ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.法律経済コース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/刑法I])
関連度 (任意):
[継承]
2.刑法II ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.法律経済コース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/刑法II])
関連度 (任意):
[継承]
注意 (任意): (英)   (日) 他の法律系科目(特に,憲法,行政法,刑法)と合わせて履修することが望ましい.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 一連の刑事手続が犯罪者の確定に向け慎重を期して構築されていることを把握すること.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 刑事訴訟法の基礎  
[継承]
2.(英)   (日) 訴訟の主体  
[継承]
3.(英)   (日) 捜査の原則  
[継承]
4.(英)   (日) 捜査の実行と終結  
[継承]
5.(英)   (日) 公訴の提起  
[継承]
6.(英)   (日) 訴因と起訴事実  
[継承]
7.(英)   (日) 公判の原則  
[継承]
8.(英)   (日) 公判準備  
[継承]
9.(英)   (日) 公判手続  
[継承]
10.(英)   (日) 証拠調べ  
[継承]
11.(英)   (日) 伝聞法則  
[継承]
12.(英)   (日) 伝聞例外  
[継承]
13.(英)   (日) 自白法則  
[継承]
14.(英)   (日) 裁判員制度  
[継承]
15.(英)   (日) 期末試験  
[継承]
16.(英)   (日) 総括授業  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 期末試験の成績に基づいて行う.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) なし   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 教科書は使用しないが,最新の六法を持参されたい.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) なお,参考書として,田中開ほか『刑事訴訟法[第3版]』(有斐閣アルマ),『刑事訴訟法判例百選[第8版]』(別冊ジュリスト,有斐閣)を推薦する.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 隔年開講.今年度開講せず   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/刑事訴訟法)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/刑事訴訟法) 閲覧 【授業概要】(2009/刑事訴訟法) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 刑事訴訟法 / 刑事訴訟法
欧文冊子 ● 刑事訴訟法 / 刑事訴訟法

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 7, LA = 1.56, Max(EID) = 383876, Max(EOID) = 1026710.