『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=184097)

EID=184097EID:184097, Map:[2008/ヨーロッパ社会研究III], LastModified:2011年4月10日(日) 21:51:43, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) ヨーロッパ社会研究III (読) よーろっぱしゃかいけんきゅう
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程] [継承]
2.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程] [継承]
3.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.今井 晋哉 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.ヨーロッパ分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 第二次世界大戦後のドイツを中心に,冷戦構造とその変容過程,東欧革命とドイツ「再統一」(1989/90年)の経過,それらのうちに表れた諸問題について理解すること.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) よく知られているように,ドイツは二十年近く前,東独における民主化市民革命=社会主義体制の崩壊,さらにはドイツ「再統一」(1989/90年)という大変動を経験した.そして,その変動はその後のドイツ社会にも様々の影響を及ぼしてきた.本科目では,1989/90年の激動の背景·過程を跡付けるとともに,その後の「新生」ドイツが抱え込んだ問題の一端をとりあげ,考察してみたい.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 「ベルリンの壁」 (読) べるりんのかべ [継承]
2. (英) (日) 民主化要求市民運動 (読) みんしゅかようきゅうしみんうんどう [継承]
3. (英) (日) 社会主義体制の崩壊 (読) しゃかいしゅぎたいせいのほうかい [継承]
4. (英) (日) ドイツ「再統一」 (読) どいつ さいとういつ [継承]
5. (英) (日) 「心の壁」 (読) こころのかべ [継承]
先行科目 (推奨): 1.社会変動研究 ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域情報サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域社会サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/社会変動研究])
必要度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
2.ドイツの社会と文化 (その1)/German society and culture ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/ドイツの社会と文化 (その1)/German society and culture])
必要度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨): 1.ヨーロッパ歴史·社会論III ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/ヨーロッパ歴史·社会論III])
関連度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
2.ヨーロッパ社会研究II ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/ヨーロッパ社会研究II])
関連度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
注意 (任意): (英)   (日) 本科目のテーマ·内容に興味のある人なら,誰でも歓迎される.ドイツ語の知識は特に必要ではない.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 現代史上のいくつかの重要な事象や問題について,歴史的なパースペクティヴをもって多面的に捉えられること.そして,自分が理解したことについて,明快で論理的な文章によって表現できること.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) まず第二次世界大戦後のドイツ史の動向を,1989/90年の状況を理解するのに欠かせないポイントに絞って概観する.冷戦構造の中の東西両ドイツ=分断国家の状況,とりわけ東独社会主義体制の抱えていた諸問題及び両ドイツ間関係に重点が置かれる.  
[継承]
2.(英)   (日) 続いて,大量の東独(民主共和国)市民の越境=西独(連邦共和国)への出国,民主化を求める東独市民の運動の高揚,同国の社会主義体制の崩壊からドイツ「再統一」へという歴史過程を,東独市民の動向を中心に,国際情勢(冷戦構造の変化,東欧革命など)をも視野に入れながら,できるだけ多面的かつリアルに辿り直してみたい.  
[継承]
3.(英)   (日) また,その後の「統一」ドイツにおける諸問題の中から,異なった体制の下で生きてきた旧東西ドイツ市民の間の「心の壁」=心理的·文化的距離ないし摩擦の問題をとりあげて,考察したい.  
[継承]
4.(英)   (日) 講義が中心だが,授業時には地図,年表,写真,映像など様々な資料をも配付あるいは使用したいと考えている.  
[継承]
5.(英)   (日) より詳しいことは,開講時にお知らせする.  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 主として中間・期末のレポートによるが,授業への参加状況も参考にする.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 場合によっては行う(レポート再提出).   [継承]
対象学生 (不用): (英)   (日) 2年生以上   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 特定の教科書は用いない.教材や資料は授業時に配付する.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 毎回の授業時に紹介する.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.今井 晋哉 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.ヨーロッパ分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 水曜日 16:30-18:00   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 隔年開講.09年度は開講しない.10年度後期開講予定.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/ヨーロッパ社会研究III)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/ヨーロッパ社会研究III) 閲覧 【授業概要】(2009/ヨーロッパ社会研究III) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● ヨーロッパ社会研究III / ヨーロッパ社会研究III
欧文冊子 ● ヨーロッパ社会研究III / ヨーロッパ社会研究III

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(3) 閲覧【授業概要】…(3)
Number of session users = 3, LA = 1.22, Max(EID) = 382238, Max(EOID) = 1021046.