『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=184048)

EID=184048EID:184048, Map:[2008/ドイツ言語文化研究III (その2)], LastModified:2009年2月24日(火) 09:40:37, Operator:[石川 榮作], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) ドイツ言語文化研究III (その2) (読) どいつげんごぶんかけんきゅう
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程] [継承]
2.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.石川 榮作
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 日独文化交流史の一側面として,第一次大戦時の俘虜収容所の実態を知る.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 俘虜収容所での捕虜の活動,管理者側の考え方と行動,および一般的な日本人の見方や反応などを調べる.具体的にはベートーヴェンの歌劇『フイデリオ』と『第九』,そして東映映画『バルトの楽園(がくえん)』を素材に用いて,俘虜収容所での捕虜の文化活動の実態を理解する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 日独文化交流史 (読) [継承]
2. (英) (日) 第一次世界大戦 (読) [継承]
3. (英) (日) 捕虜 (読) [継承]
先行科目 (推奨): 1.ドイツ言語文化研究III (その1) ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/ドイツ言語文化研究III (その1)])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.ドイツ言語文化研究I (その1) ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/ドイツ言語文化研究I (その1)])
関連度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
2.ドイツ言語文化研究I (その2) ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/ドイツ言語文化研究I (その2)])
関連度 (任意):
[継承]
3.ドイツ言語文化研究II (その1) ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/ドイツ言語文化研究II (その1)])
関連度 (任意):
[継承]
4.ドイツ言語文化研究II (その2) ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/ドイツ言語文化研究II (その2)])
関連度 (任意):
[継承]
注意 (任意): (英)   (日) 特になし.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) ベートーヴェンの歌劇『フイデリオ』と『第九』,そして東映映画『バルトの楽園(がくえん)』を素材に用いて,捕虜の多彩な活動と日本側に及ぼした影響について理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) ベートーヴェンの歌劇『フィデリオ』第一幕(1)  
[継承]
2.(英)   (日) ベートーヴェンの歌劇『フィデリオ』第一幕(2)  
[継承]
3.(英)   (日) ベートーヴェンの歌劇『フイデリオ』第一幕(3)  
[継承]
4.(英)   (日) ベートーヴェンの歌劇『フイデリオ』第一幕(4)  
[継承]
5.(英)   (日) ベートーヴェンの歌劇『フイデリオ』第一幕(5)  
[継承]
6.(英)   (日) ベートーヴェンの歌劇『フイデリオ』第二幕(1)  
[継承]
7.(英)   (日) ベートーヴェンの歌劇『フイデリオ』第二幕(2)  
[継承]
8.(英)   (日) ベートーヴェンの歌劇『フイデリオ』第二幕(3)  
[継承]
9.(英)   (日) ベートーヴェンの歌劇『フイデリオ』第二幕(4)  
[継承]
10.(英)   (日) ベートーヴェンの歌劇『フイデリオ』第二幕(5)  
[継承]
11.(英)   (日) ベートーヴェンの交響曲『第九』(1)  
[継承]
12.(英)   (日) ベートーヴェンの交響曲『第九』(2)  
[継承]
13.(英)   (日) 東映映画『バルトの楽園(がくえん)』(1)  
[継承]
14.(英)   (日) 東映映画『バルトの楽園(がくえん)』(2)  
[継承]
15.(英)   (日) 期末試験(レポート提出)  
[継承]
16.(英)   (日) 総括授業  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席とレポートで評価します.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) レポート再提出のかたちで行ないます.   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 教科書は使わず,授業はすべてプリントで行ないます.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 参考図書は授業中に,そのつど紹介します.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.石川 榮作
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 火曜日 15時00分∼16時00分   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/ドイツ言語文化研究III (その2))
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/ドイツ言語文化研究III (その2)) 閲覧 【授業概要】(2009/ドイツ言語文化研究III (その2)) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● ドイツ言語文化研究III (その2) / ドイツ言語文化研究III (その2)
欧文冊子 ● ドイツ言語文化研究III (その2) / ドイツ言語文化研究III (その2)

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.99, Max(EID) = 382813, Max(EOID) = 1022504.