『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=184004)

EID=184004EID:184004, Map:[2008/地域情報ゼミナールAI (その2)], LastModified:2009年2月12日(木) 14:19:13, Operator:[髙橋 晋一], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 地域情報ゼミナールAI (その2) (読) ちいきじょうほうぜみなーる
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域情報サブコース]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.北村 修二
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
2.髙橋 晋一 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) この授業は,企業,産業および地域づくりをテーマとした卒業研究(卒業論文作成)を進めていこうと考えている学生を対象としている.受講者は,卒業研究の作成を目指して,企業づくり,産業づくり,地域づくりに関する領域から,各自が研究テーマを設定し,授業中の発表・討議を踏まえて,企業,産業,地域づくりに関する研究を深めて行く.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 地域政策研究ゼミナール   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 地域政策 (読) [継承]
2. (英) (日) 企業・産業づくり (読) きぎょう さんぎょうづくり [継承]
3. (英) (日) フィールドワーク (読) ふぃーるどわーく [継承]
4. (英) (日) 地域づくり (読) ちいきづくり [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.地域情報ゼミナールAI (その1) ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域情報サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/地域情報ゼミナールAI (その1)])
関連度 (任意):
[継承]
2.地域情報ゼミナールAII (その1) ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域情報サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/地域情報ゼミナールAII (その1)])
関連度 (任意):
[継承]
3.地域情報ゼミナールAII (その2) ([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域情報サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/地域情報ゼミナールAII (その2)])
関連度 (任意):
[継承]
注意 (任意): (英)   (日) 地域情報サブコース4年生で,北村を指導教員として卒業研究を進める人は,地域情報ゼミナールAI(その2)・地域情報ゼミナールAII(その2)を通年で履修すること.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 企業・産業・地域づくりの研究領域から主体的に選んだ研究テーマについて,適切な方法による調査や分析をおこない,卒業論文にまとめることができる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 4年次前期には,卒業研究のテーマを確定し,調査・分析を進めていくことが求められる.これまでの研究を読み,その方法論を学び応用していくことが重要である.と同時に,調査によりデータを収集し,研究目的にふさわしい分析や考察を加えていくことも重要である.授業では,それらの作業を進めるとともに発表をもおこない,その内容を教員および受講生全員で討議し深めていく.  
[継承]
2.(英)   (日) 卒業研究には,受講者の主体的な取り組みと粘り強い努力が必要である.また,参加者全員が真剣な討論をおこなうことで,切磋琢磨しながら内容を高めていくことが期待されている.  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 授業への取り組み状況と討議への参加状況,報告内容により評価する.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 行わない.   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 教科書は使用しない.授業中に適宜プリントを配布する.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 適時紹介する   [継承]
URL (任意): http://www.ias.tokushima-u.ac.jp/region/ [継承]
連絡先 (推奨): 1.北村 修二
オフィスアワー (任意): (英)   (日) (前期·後期)月曜日12時∼13時   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/地域情報ゼミナールAI (その2))
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/地域情報ゼミナールAI (その2)) 閲覧 【授業概要】(2009/地域情報ゼミナールAI (その2)) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 地域情報ゼミナールAI (その2) / 地域情報ゼミナールAI (その2)
欧文冊子 ● 地域情報ゼミナールAI (その2) / 地域情報ゼミナールAI (その2)

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(4)
Number of session users = 0, LA = 1.00, Max(EID) = 383335, Max(EOID) = 1024622.