『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=183390)

EID=183390EID:183390, Map:[2008/核医学技術学実習], LastModified:2011年4月7日(木) 20:03:09, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部.保健学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 医学部保健学科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Practice in Technology of Nuclear Medicine (日) 核医学技術学実習 (読) かくいがくぎじゅつがくじっしゅう
題目 (任意):
[継承]
形態 (不用): 1.実習 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻]/保健学科.放射線技術科学専攻/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.前澤 博
肩書 (任意):
[継承]
2.富永 正英 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.放射線科学系.医用画像解析学]/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻.診療放射線技術学講座])
肩書 (任意): 助教 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜) [継承]
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 放射性同位元素安全取扱法およびイン·ビトロ(in vitro)核医学検査技術について実習を通じて理解する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 放射性同位元素の安全取扱い法および定量的測定法,微少量ピペッティングの操作法,放射性ヨウ素による標識法,測定データ処理法およびラジオイムノアッセイによるインビトロ検査法等の実習を行う.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) イン·ビトロ核医学検査 (読) [継承]
2. (英) (日) 放射性ヨウ素標識化合物純度 (読) [継承]
3. (英) (日) ラジオイムノアッセイ (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 実習書をあらかじめ熟読し,実習内容を理解しておくこと.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 微少量ピペッティングの手技に習熟する  
[継承]
2.(英)   (日) 放射線計数値の統計的取扱に習熟する  
[継承]
3.(英)   (日) 標識化合物の純度試験を理解し説明できる  
[継承]
4.(英)   (日) ラジオイムノアッセイ法の手技を理解し説明できる  
[継承]
5.(英)   (日) 放射性同位元素の安全取扱法に習熟する  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 放射性物質の安全取扱法および実習内容と注意事項の説明  
[継承]
2.(英)   (日) 微少量ピペッティングの操作法 (レポート提出)  
[継承]
3.(英)   (日) 放射線測定値の統計的取扱法(レポート提出)  
[継承]
4.(英)   (日) 薄層クロマトグラフィーによるB·F分離:純度試験(レポート提出)  
[継承]
5.(英)   (日) ラジオイムノアッセイによるホルモン量濃度測定(レポート提出)  
[継承]
6.(英)   (日) シンチレーション計測器の特徴(レポート提出)  
[継承]
7.(英)   (日) 実習のまとめ  
[継承]
8.(英)   (日) 試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) レポートの内容により評価する   [継承]
再評価 (任意):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 配布実習書   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 核医学検査技術(インビトロ編) 高坂唯子他著 通商産業研究社   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.前澤 博
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 水曜日18:00-19:00   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/核医学技術学実習)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/核医学技術学実習) 閲覧 【授業概要】(2009/核医学技術学実習) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 核医学技術学実習 / Practice in Technology of Nuclear Medicine
欧文冊子 ● Practice in Technology of Nuclear Medicine / 核医学技術学実習

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.30, Max(EID) = 364187, Max(EOID) = 975542.