『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=183337)

EID=183337EID:183337, Map:[2008/形態機能論Ⅱ], LastModified:2011年4月7日(木) 18:42:34, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部.保健学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 医学部保健学科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Anatomy and PhysiologyII (日) 形態機能論Ⅱ (読) けいたいきのうろん
題目 (任意):
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻]/保健学科.放射線技術科学専攻/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.山野 修司
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
2.近藤 和也 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.看護学系.臨床腫瘍医療学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座])
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
3.二宮 恒夫
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
4.友竹 正人 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.看護学系.メンタルヘルス支援学])
肩書 (任意): 助教 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜) [継承]
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 神経,感覚器ならびに内分泌器官の構造と機能,主要な骨や筋肉の形態と機能,生殖器の機能とヒトの初期発生を理解する.また主要臓器の機能不全の病態を理解する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 神経細胞の機能,中枢神経,末梢神経,感覚器の生理機能ならびに内分泌器官の構造と機能,ホメオスタシス,主要な骨や筋肉の名称と機能,生殖器の機能,卵子,精子の形成,受精ならびにヒトの初期発生を教授する.また主要な臓器である心,腎臓,肺,肝臓の機能不全の病態を教授する.   [継承]
キーワード (推奨): 1.解剖学 (anatomy) [継承]
2.生理学 (physiology) [継承]
先行科目 (推奨): 1.形態機能論Ⅰ ([2009/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻]/保健学科.放射線技術科学専攻/[学士課程]]/->授業概要[2008/形態機能論Ⅰ])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨):
要件 (不用): (英)   (日) 予習復習をすること   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 教員は,この教科を学習するための方法と枠組みを提供するが,学生は自らの学習に対して責任を取る必要がある.ただ単に,講義内容を暗記するだけではなく,疑問や問題に対して批判的によく考えることである.   [継承]
目標 (必須):
計画 (必須): 1.(英)   (日) 神経1  
[継承]
2.(英)   (日) 神経2  
[継承]
3.(英)   (日) 神経3  
[継承]
4.(英)   (日) 神経4  
[継承]
5.(英)   (日) 感覚器1  
[継承]
6.(英)   (日) 感覚器2  
[継承]
7.(英)   (日) 感覚器3  
[継承]
8.(英)   (日) 内分泌とはなにか  
[継承]
9.(英)   (日) ホルモン分泌機構  
[継承]
10.(英)   (日) 視床下部-下垂体系,ADH  
[継承]
11.(英)   (日) 甲状腺ホルモン,副甲状腺ホルモン  
[継承]
12.(英)   (日) 副腎皮質ホルモン,アドレナリン  
[継承]
13.(英)   (日) 血糖の恒常性の維持  
[継承]
14.(英)   (日) 性ホルモン  
[継承]
15.(英)   (日) 主要な骨の名称と機能  
[継承]
16.(英)   (日) 骨の生成と破壊  
[継承]
17.(英)   (日) 主要な筋肉の名称と機能  
[継承]
18.(英)   (日) 筋肉の収縮機構  
[継承]
19.(英)   (日) 生殖器の形態と機能  
[継承]
20.(英)   (日) 乳房と乳汁分泌  
[継承]
21.(英)   (日) 女性の性周期と卵子の形成  
[継承]
22.(英)   (日) 精子の形成と受精  
[継承]
23.(英)   (日) ヒトの初期発生  
[継承]
24.(英)   (日) 胎盤,臍帯の形態と機能ならびに胎児の特性  
[継承]
25.(英)   (日) 生態の防御機構1  
[継承]
26.(英)   (日) 生態の防御機構2  
[継承]
27.(英)   (日) 生態の防御機構3  
[継承]
28.(英)   (日) 生態の防御機構4  
[継承]
29.(英)   (日) 試験  
[継承]
30.(英)   (日) 統括授業  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 定期テストを行う   [継承]
再評価 (任意): (英)   (日) 再試験を行う   [継承]
対象学生 (不用): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 「人体の構造と機能1 解剖生理学」(系統看護学講座 専門基礎1)医学書院   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.山野 修司
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 山野:火曜日17:00以降 教官研究室(保健学科B棟2階)   [継承]
[継承]
2.上野 修一
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/形態機能論Ⅱ)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/形態機能論Ⅱ) 閲覧 【授業概要】(2009/形態機能論Ⅱ) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 形態機能論Ⅱ / Anatomy and PhysiologyII
欧文冊子 ● Anatomy and PhysiologyII / 形態機能論Ⅱ

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(3)
Number of session users = 1, LA = 0.79, Max(EID) = 364915, Max(EOID) = 977217.