『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=183267)

EID=183267EID:183267, Map:[2008/口腔外科学(1)AB 講義], LastModified:2011年4月10日(日) 19:23:06, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.歯学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 歯学部歯学科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Oral and Maxillofacial Surgery (日) 口腔外科学(1)AB 講義 (読) こうくうげかがく こうぎ
[継承]
形態 (必須): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.歯学部.歯学科]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.藤澤 健司
肩書 (任意): 講師 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
2.松本 文博
肩書 (任意): 講師 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
3.桃田 幸弘 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔内科学]/[徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔内科])
肩書 (任意): 講師 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
4.湯淺 哲也
肩書 (任意): 助教 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜) [継承]
[継承]
5.鎌田 伸之
肩書 (任意): 非常勤講師 ([教職員.教員]/[非常勤]) [継承]
[継承]
6.里村 一人
肩書 (任意): 非常勤講師 ([教職員.教員]/[非常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 口腔外科疾患の特徴・病態について理解を深めるとともにその的確な診断法を修得する.さらに治療法(外科的療法,放射線療法,化学・薬物療法など)について学習する.単に各疾患の病態を理解するだけでなく,全身疾患とのかかわりという観点からの学習が必要である.また,解剖学的知識を十分把握したうえでその診断,治療を修得する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 患者を診察する際の基本的な事項を修得した後,各疾患についてその概念,成因,病態,治療法を理解する.具体的には,口腔外科診断法,先天異常,粘膜疾患,血液性疾患,炎症,特異性炎などについて理解する.   [継承]
授業テーマ (必須): (英)   (日) 口腔・顎部を構成する軟部組織,硬組織およびその関連器官の疾病の診断と治療   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
授業方法 (必須): 1.(英)   (日) 講義型式 プリント,スライド,ビデオを適宜用いる   [継承]
授業場所 (必須): (英)   (日) 第4講義室   [継承]
注意 (推奨): (英)   (日) 試験は全講義数2/3以上の出席を満たしている者に対して行う.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 口腔・頭蓋・顎顔面領域に症状をきたす主な先天異常を説明できる  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) F-2-3)   [継承]
[継承]
2.(英)   (日) 口腔粘膜疾患の種類と特徴を説明できる  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) F-2-4)-(2)   [継承]
[継承]
3.(英)   (日) 歯性感染症の原因菌と感染経路を説明できる  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) F-2-4)-(2)   [継承]
[継承]
4.(英)   (日) 急性炎症と慢性炎症の異同を説明できる  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) F-2-4)-(2)   [継承]
[継承]
5.(英)   (日) 炎症の診断に必要な検査法を説明できる  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) F-2-4)-(2)   [継承]
[継承]
6.(英)   (日) 口腔・顎顔面領域の特異性炎の種類と特徴を説明できる  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) F-2-4)-(2)   [継承]
[継承]
7.(英)   (日) 菌血症および歯性病巣感染の病態を説明できる  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) F-2-4)-(2)   [継承]
[継承]
8.(英)   (日) 一般的な消炎療法の意義と特徴を説明できる  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) F-2-4)-(2)   [継承]
[継承]
9.(英)   (日) 主な炎症を概説できる  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) F-2-4)-(2)   [継承]
[継承]
10.(英)   (日) 水泡,紅斑,びらん,潰瘍,白班,色素沈着等を主徴とする主な粘膜疾患を概説できる  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) F-2-4)-(2)   [継承]
[継承]
11.(英)   (日) 歯性病巣感染の成立機序,症状,検査法および治療法を説明できる  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) F-2-4)-(2)   [継承]
[継承]
12.(英)   (日) 消炎手術を概説できる  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) F-2-4)-(2)   [継承]
[継承]
13.(英)   (日) 口腔・顎顔面領域に症状を現す血液疾患とスクリーニング検査法を列挙できる  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) F-2-4)-(2)   [継承]
[継承]
14.(英)   (日) 口腔・顎顔面領域に症状を現す感染症の種類とその症状を列挙できる  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) F-2-4)-(7)   [継承]
[継承]
15.(英)   (日) 口腔・顎顔面領域に症状を現すアレルギー性疾患,膠原病,免疫不全とそれらの症状を列挙できる  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) F-2-4)-(7)   [継承]
[継承]
16.(英)   (日) 口腔・顎顔面領域に症状を現す症候群の種類と症状を列挙できる  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) F-2-4)-(7)   [継承]
[継承]
17.(英)   (日) 口腔・顎顔面領域に症状を現す系統的骨疾患の症状,診断および治療法を列挙できる  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) F-2-4)-(7)   [継承]
[継承]
18.(英)   (日) 口腔・顎顔面領域に症状を現す薬物の副作用を列挙できる  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) F-2-4)-(7)   [継承]
[継承]
19.(英)   (日) 口腔・顎顔面領域に症状を現す代謝障害とその症状を列挙できる  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) F-2-4)-(7)   [継承]
[継承]
20.(英)   (日) 口腔・顎顔面領域に症状を現すビタミン欠乏症とその症状を列挙できる  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) F-2-4)-(7)   [継承]
[継承]
21.(英)   (日) 口唇・口蓋裂の病態と治療方針を説明できる  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) F-2-4)-(7)   [継承]
[継承]
22.(英)   (日) 顎変形症を概説できる  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) F-2-4)-(7)   [継承]
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 口腔外科診断法1(総論,診察法)  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 問診,全身診察法,局所診察法   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 藤澤   [継承]
計画毎の目標 (必須): 15 17 18 19 20 [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
2.(英)   (日) 口腔外科診断法2(検査,症候)  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 検査方法,生体機能検査,口腔・顎機能の検査など   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 藤澤   [継承]
計画毎の目標 (必須): 15 17 18 19 20 [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
3.(英)   (日) 口腔外科診断法3(症候,その他),創傷治癒  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 一般症候,局所症候,全身疾患の口腔症状,創傷の治癒   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 桃田   [継承]
計画毎の目標 (必須): 15 17 18 19 [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
4.(英)   (日) 先天異常(総論,口腔・顔面の発生)  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 口唇・口蓋裂の病態及び治癒,顔面裂   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 桃田   [継承]
計画毎の目標 (必須): 1 21 [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
5.(英)   (日) 先天異常(歯・軟組織の異常)  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 萌出,歯数,形態,形成の異常,舌,歯肉,小帯の異常   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 鎌田   [継承]
計画毎の目標 (必須): 1 [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
6.(英)   (日) 顎の奇形,変形症,外科矯正1  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 上顎前突症,下顎前突症,開咬症,上顎後退症,下顎後退症,顔面非対称の病態および治療   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 藤澤   [継承]
計画毎の目標 (必須): 22 [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
7.(英)   (日) 顎の奇形,変形症,外科矯正2  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 上顎前突症,下顎前突症,開咬症,上顎後退症,下顎後退症,顔面非対称の病態および治療   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 藤澤   [継承]
計画毎の目標 (必須): 22 [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
8.(英)   (日) 血液疾患,出血性素因  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 貧血,赤血球増多症,白血球,白血球増多症,顆粒球減少症,血小板異常によるもの,凝固因子異常によるもの,線溶系異常によるもの   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 松本   [継承]
計画毎の目標 (必須): 13 15 [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
9.(英)   (日) 口内炎,口腔粘膜疾患  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 白班,紅斑,びらん,水泡,色素沈着,黒毛舌,溝舌,舌炎,地図状舌,口角炎   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 里村   [継承]
計画毎の目標 (必須): 2 10 [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
10.(英)   (日) 顎・口腔に症状を現す症候群と系統的骨疾患  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 主に顎・顔面に変化を現わす症候群,大理石骨病など   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 松本   [継承]
計画毎の目標 (必須): 16 17 18 [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
11.(英)   (日) 歯周・顎骨周囲軟組織の炎症(炎症総論含む)  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 智歯周囲炎,歯槽骨炎,顎骨骨髄炎,顎骨骨膜炎,歯性上顎炎など   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 桃田   [継承]
計画毎の目標 (必須): 4 5 8 9 11 12 [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
12.(英)   (日) 顎骨の炎症  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 口底炎,頬部の炎症,所属リンパ節の炎症など   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 桃田   [継承]
計画毎の目標 (必須): 4 8 9 11 12 [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
13.(英)   (日) 薬物・化学療法(抗菌薬,ステロイド剤,鎮痛剤など)  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 各種抗生物質,副腎皮質ステロイド剤,ステロイド剤,消炎酵素剤,鎮痛剤,止血剤,精神安定剤,救急蘇生用薬剤など   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 松本   [継承]
計画毎の目標 (必須): 18 [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
14.(英)   (日) 特異性炎,歯性全身感染症  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 顎部放線菌症,口腔結核菌,口腔梅毒,菌血症,敗血症,歯性病巣感染症   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 湯浅   [継承]
計画毎の目標 (必須): 3 6 7 14 [継承]
授業回数 (任意): 2 [継承]
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 評価は筆記試験により行い, 試験は4年次前期試験期間中に実施する.
100点満点で60点以上のものを合格とする.  
[継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 行う   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 1)塩田重利,富田喜内監修:最新口腔外科学,医歯薬出版,第4版,1999年   [継承]
2.(英)   (日) 2)宮崎 正編:口腔外科学,医歯薬出版,第2版,2000年   [継承]
3.(英)   (日) 3)道 健一,他編:口腔顎顔面外科学,医歯薬出版,初版,2000年   [継承]
4.(英) 4)Peterson Ellis Tucker:Contemporary Oral and Mxillofacial Surgery,Mosby, Fourth Edition  (日)    [継承]
5.(英) 5)Wood Goaz: Differential Diagnosis of Oral and Maxillofacial Surgery,Mosby, Fifth Edition  (日)    [継承]
URL (任意):
連絡先 (必須): 1.藤澤 健司
オフィスアワー (必須): (英)   (日) (月∼金 17:00∼18:00/4F1口外・第1研究室)   [継承]
[継承]
2.松本 文博
オフィスアワー (必須): (英)   (日) 月∼金 17:00~18:00/4F1口外・第1研究室   [継承]
[継承]
3.桃田 幸弘 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔内科学]/[徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔内科])
オフィスアワー (必須): (英)   (日) (月∼金 17:00∼18:00/4F1口外・第1研究室)   [継承]
[継承]
4.湯淺 哲也
オフィスアワー (必須): (英)   (日) (月∼金 17:00∼18:00/4F1口外・第1研究室)   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/口腔外科学(1)AB 講義)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/口腔外科学(1)AB 講義) 閲覧 【授業概要】(2009/口腔外科学(1)AB 講義) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 口腔外科学(1)AB 講義 / Oral and Maxillofacial Surgery
欧文冊子 ● Oral and Maxillofacial Surgery / 口腔外科学(1)AB 講義

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【担当授業】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.57, Max(EID) = 409029, Max(EOID) = 1108345.