『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=183246)

EID=183246EID:183246, Map:[2008/医用電気電子回路実習], LastModified:2011年4月6日(水) 17:51:05, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部.保健学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 医学部保健学科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Laboratory in Electrical and Electronic Circuits for Medicine (日) 医用電気電子回路実習 (読) いようでんきでんしかいろじっしゅう
題目 (任意):
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻]/保健学科.放射線技術科学専攻/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.長篠 博文
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
2.手川 歓識
肩書 (任意): 助教 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜) [継承]
[継承]
3.藤本 憲市
肩書 (任意): 助教 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜) [継承]
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 医用電気電子回路I及び医用電気電子回路IIで学習した電気電子回路,論理回路の原理と構成について理解を深めるために実習を行う.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 授業は,5名程度のグループに分かれ実習形式で行う.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 半導体素子 (読) [継承]
2. (英) (日) センサー (読) [継承]
3. (英) (日) 回路特性 (読) [継承]
先行科目 (推奨): 1.医用電気電子回路I ([2009/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻]/保健学科.放射線技術科学専攻/[学士課程]])
必要度 (任意):
[継承]
2.医用電気電子回路II ([2009/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻]/保健学科.放射線技術科学専攻/[学士課程]])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.生体計測工学 ([2009/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻]/保健学科.放射線技術科学専攻/[学士課程]]/->授業概要[2008/生体計測工学])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (不用): (英)   (日) 医用電気電子回路I及び医用電気電子回路IIを修得していること.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 全ての実習テーマを受講し実習報告書を提出していることが単位付与の必要条件である.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 半導体素子の諸特性を理解できる  
[継承]
2.(英)   (日) センサー回路の特性を理解できる  
[継承]
3.(英)   (日) 計測器を正しく使用することができる  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) オリエンテーション  
[継承]
2.(英)   (日) CdSとサーミスタの特性  
[継承]
3.(英)   (日) ダイオードの諸特性  
[継承]
4.(英)   (日) トランジスタの静特性と直流電流増幅率  
[継承]
5.(英)   (日) オシロスコープの取扱方法  
[継承]
6.(英)   (日) 整流平滑回路の特性  
[継承]
7.(英)   (日) 演算増幅器による微分·積分回路  
[継承]
8.(英)   (日) サイリスタの基礎回路と位相制御  
[継承]
9.(英)   (日) UJTによる発振回路特性  
[継承]
10.(英)   (日) 無安定マルチバイブレータの特性  
[継承]
11.(英)   (日) フォトトランジスタの特性  
[継承]
12.(英)   (日) ディジタルICの基礎実験  
[継承]
13.(英)   (日) 組み合わせ論理回路の設計  
[継承]
14.(英)   (日) 順序論理回路の設計  
[継承]
15.(英)   (日) まとめ  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 実習への取り組み状況と実習報告書を総合的に評価する.   [継承]
再評価 (任意):
対象学生 (不用): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 自製テキスト   [継承]
2.(英)   (日) 電子回路実習装置ECT-2取扱説明書   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 医用電気電子回路Iおよび同IIで使用した教科書   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.長篠 博文
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/医用電気電子回路実習)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/医用電気電子回路実習) 閲覧 【授業概要】(2009/医用電気電子回路実習) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 医用電気電子回路実習 / Laboratory in Electrical and Electronic Circuits for Medicine
欧文冊子 ● Laboratory in Electrical and Electronic Circuits for Medicine / 医用電気電子回路実習

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【担当授業】…(1)
Number of session users = 1, LA = 1.36, Max(EID) = 364714, Max(EOID) = 976732.