『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=183148)

EID=183148EID:183148, Map:[2008/分娩期の診断とケア], LastModified:2009年1月27日(火) 10:54:11, Operator:[葉久 真理], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[医学部保健学科教務委員会/[徳島大学.助産学専攻科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 助産学専攻科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Diagnostics and Care of Delivery (日) 分娩期の診断とケア (読) ぶんべんきのしんだんとけあ
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.助産学専攻科]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.葉久 真理 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.助産学])
肩書 (任意):
[継承]
2.沖津 修 (つるぎ町立半田病院)
肩書 (任意): 非常勤講師 ([教職員.教員]/[非常勤]) [継承]
[継承]
3.竹林 桂子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.助産学])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須):
概要 (必須): (英)   (日) 女性の多様なニーズを受入れた正常出産に対応するために,分娩開始の診断から分娩の進行診断,産婦と胎児の適応診断,正常分娩介助技術と多様な分娩方法に対応し適切な助産ケアができる知識と技術を教授する.また,正常分娩逸脱を早期に発見し,臨時応急の処置をとるための知識と技術を教授する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意):
目標 (必須):
計画 (必須):
評価 (必須):
再評価 (任意):
教科書 (必須):
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/分娩期の診断とケア)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/分娩期の診断とケア) 閲覧 【授業概要】(2009/分娩期の診断とケア) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 分娩期の診断とケア / Diagnostics and Care of Delivery
欧文冊子 ● Diagnostics and Care of Delivery / 分娩期の診断とケア

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 1, LA = 0.40, Max(EID) = 383970, Max(EOID) = 1027128.