『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=183098)

EID=183098EID:183098, Map:[2008/核医学技術学臨床実習], LastModified:2009年1月26日(月) 16:33:09, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部.保健学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 医学部保健学科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Clinical Practice in Technology of Nuclear Medicine (日) 核医学技術学臨床実習 (読) かくいがくぎじゅつがくじっしゅう
題目 (任意):
[継承]
形態 (不用): 1.実習 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻]/保健学科.放射線技術科学専攻/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.原田 雅史 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.放射線医学])
肩書 (任意):
[継承]
2.久保 均
肩書 (任意): 准教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜) [継承]
[継承]
3.西原 貞光 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.放射線科学系.画像医学・核医学]/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻.診療放射線技術学講座])
肩書 (任意): 助教 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜) [継承]
[継承]
4.髙尾 正一郎 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.放射線科学系.医用画像解析学]/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻.診療放射線技術学講座])
肩書 (任意):
[継承]
5.富永 正英 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.放射線科学系.医用画像解析学]/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻.診療放射線技術学講座])
肩書 (任意): 助教 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 診療放射線技師としての臨床業務の内容を修得するだけでなく,人格や見識を兼ね備えた医療人を育成するために基礎作くりの場とする.講義で学んだ基礎的知識を臨床の現場でどのように活用されているのか,更に最新の技術がどのように診療業務で活用されているのかを,実際の診療の現場で体得し理解する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 核医学医療に必要な各種機器を用いた高度の技術を,附属病院および県立中央病院での臨床実習で体得する. 臨床患者に対する検査を通して技術的教育とともに,患者接遇の基礎につき学習する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) nuclear medicine (日) (読) [継承]
2. (英) radioisotope (日) (読) [継承]
3. (英) in-vivo (日) (読) [継承]
4. (英) SPECT (日) (読) [継承]
5. (英) PET (日) (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意):
目標 (必須):
計画 (必須): 1.(英)   (日) 各実習部署に応じた放射性同位元素管理技術  
[継承]
2.(英)   (日) 放射性同位元素調整技術  
[継承]
3.(英)   (日) 放射性同位元素を用いた画像検査測定技術1  
[継承]
4.(英)   (日) 放射性同位元素を用いた画像検査測定技術2  
[継承]
5.(英)   (日) 放射性同位元素を用いた画像検査測定技術3  
[継承]
6.(英)   (日) 放射性同位元素を用いた画像検査情報解析技術1  
[継承]
7.(英)   (日) 放射性同位元素を用いた画像検査情報解析技術2  
[継承]
8.(英)   (日) 放射性同位元素を用いた画像検査情報解析技術3  
[継承]
9.(英)   (日) 放射線安全管理技術1  
[継承]
10.(英)   (日) 放射線安全管理技術2  
[継承]
11.(英)   (日) PET1  
[継承]
12.(英)   (日) PET2  
[継承]
13.(英)   (日) 救命救急措置技術  
[継承]
14.(英)   (日) 感染予防技術  
[継承]
15.(英)   (日) その他安全管理技術  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 実習態度,実習ノート(レポート)により行う.   [継承]
再評価 (任意):
対象学生 (不用): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須):
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.原田 雅史 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.放射線医学])
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 金曜日18:00-19:00   [継承]
[継承]
2.久保 均
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/核医学技術学臨床実習)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/核医学技術学臨床実習) 閲覧 【授業概要】(2009/核医学技術学臨床実習) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 核医学技術学臨床実習 / Clinical Practice in Technology of Nuclear Medicine
欧文冊子 ● Clinical Practice in Technology of Nuclear Medicine / 核医学技術学臨床実習

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 3, LA = 0.84, Max(EID) = 364953, Max(EOID) = 977277.