『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=182982)

EID=182982EID:182982, Map:[2008/形態研究・局所解剖入門実習], LastModified:2011年4月11日(月) 16:42:38, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 医科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Practice for Morphological Sciences (日) 形態研究・局所解剖入門実習 (読) けいたいけんきゅう きょくしょかいぼうにゅうもんじっしゅう
[継承]
形態 (必須): 1.実習 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.医科学教育部.医学専攻]/[博士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.福井 義浩
肩書 (任意):
役割 (任意): 授業責任者 [継承]
[継承]
2.石村 和敬
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
3.佐野 壽昭
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
4.澤田 和彦
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
5.樋田 一徳
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) ・形態学研究の方法論をマスターすることによって,医学研究の基礎をつくる.
・実習を通して形態的手法の実際を学ぶ.
これまでに人体解剖の経験がない医学科以外の卒業者に対して局所解剖の講義と実習を行う.ヒト正常構造を理解し,医学研究へのモチベーションを高める.  
[継承]
概要 (必須): (英)   (日) 研究を進める上で必要となる形態学的手法(光学顕微鏡法,電子顕微鏡法,免役組織化学法,共焦点レーザー顕微鏡法など)の適用範囲とその限界,所見の取り方の基本,機器の使用法,標本作製法などについて実習を行う.医学科以外の卒業者に対しては,これと併せて局所解剖実習も行う.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
授業方法 (推奨): 1.(英)   (日) オムニバス方式   [継承]
注意 (推奨): (英)   (日) 受講前に書く授業の担当教官と連絡を取り,受講上の注意事項について確認すること.
授業のe-learning化は準備中である.完成後速やかに導入する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 光学顕微鏡法(講義45分×2,実習45分×4)  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 澤田   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) 電子顕微鏡法(講義45分×3,実習45分×4)  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 石村   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) 光顕および電顕レベルでの免疫組織化学(講義45分×3,実習45分×4)  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 佐野   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) 共焦点レーザー顕微鏡法(講義45分 ×2,実習45分×4)  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 樋田   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
5.(英)   (日) 肉眼解剖実習(講義45分×4,実習45分×10)  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 福井   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席状況など,授業への取り組み姿勢にもとづく評価と,各教員による評価を併用して行う.   [継承]
再評価 (任意):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1. (英) (日) 各教員にe-mailにて時間調節の上,面談して下さい. (読)
オフィスアワー (推奨):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/形態研究・局所解剖入門実習)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/形態研究・局所解剖入門実習) 閲覧 【授業概要】(2009/形態研究・局所解剖入門実習) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 形態研究・局所解剖入門実習 / Practice for Morphological Sciences
欧文冊子 ● Practice for Morphological Sciences / 形態研究・局所解剖入門実習

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.92, Max(EID) = 372561, Max(EOID) = 996460.