『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=182934)

EID=182934EID:182934, Map:[2008/口腔機能再建学実験実習], LastModified:2011年4月6日(水) 22:06:08, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.口腔科学教育部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 口腔科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 口腔機能再建学実験実習 (読) こうくうきのうさいけんがくじっけんじっしゅう
[継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻]/[博士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.松尾 敬志
肩書 (任意):
役割 (任意): 授業責任者 [継承]
[継承]
2.中江 英明
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
3.中西 正 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.歯科保存学]/[徳島大学.病院.診療科.歯科.むし歯科(第一保存科)])
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
4.菅 俊行 ([徳島大学.病院.診療科.歯科.むし歯科(第一保存科)])
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
単位 (必須): 4 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 歯の硬組織疾患,歯髄疾患,歯周疾患の病態解析に関する実験計画の立案方法および解析方法を習得するとともに,得られた結果を学術論文にまとめる方法を指導する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 高度に進歩する歯科臨床の現場においては,治療後の組織再建や口腔機能回復が重要な課題となっている,生体親和性を有する各種代替材料を用いた治療法の開発をはじめ,顎口腔形態・機能や歯科的侵襲に対する生体の応答性に関する新しい評価法の開発等の生じる顎口腔形態・機能異常の発症機構の解明および予防法・治療法開発に関する実験指導を行い,その成果を学術論文にまとめる方法を指導する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (推奨):
計画 (必須): 1.(英)   (日) 授業ガイダンス  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 松尾   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) 基礎的実験手技の習得  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 松尾   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) 細菌の培養法  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 松尾   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) 抜去歯からの試料作製方法  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 菅   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
5.(英)   (日) 抜去歯からの試料作製方法  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 菅   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
6.(英)   (日) 細菌の染色方法(1)  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 松尾   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
7.(英)   (日) 細菌の染色方法(2)  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 松尾   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
8.(英)   (日) 抜去歯牙を用いた硬組織研究法(光学顕微鏡)  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 松尾   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
9.(英)   (日) 抜去歯牙を用いた硬組織研究法(走査型電子顕微鏡)  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 菅   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
10.(英)   (日) 抜歯牙を用いた硬組織研究法(透過型電子顕微鏡)  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 菅   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
11.(英)   (日) ヒト歯髄組織および歯周組織の採取方法  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 中西   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
12.(英)   (日) ヒト歯髄線維芽細胞および歯肉線維芽細胞の培養法  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 中西   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
13.(英)   (日) ヒト歯髄線維芽細胞および歯肉線維芽細胞の培養法  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 中西   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
14.(英)   (日) ELISAによるサイトカイン・ケモカインの測定(1)  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 中西   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
15.(英)   (日) ELISAによるサイトカイン・ケモカインの測定(2)  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 中西   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
16.(英)   (日) RT-PCRによるサイトカイン・ケモカインの検出(1)  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 中西   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
17.(英)   (日) RT-PCRによるサイトカイン・ケモカインの検出(2)  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 中西   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
18.(英)   (日) 歯髄組織の免疫組織学的検索方法(1)  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 松尾   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
19.(英)   (日) 歯髄組織の免疫組織学的検索方法(2)  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 松尾   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
20.(英)   (日) 歯髄組織の免疫組織学的検索方法(3)  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 松尾   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
21.(英)   (日) 歯肉上皮細胞の培養方法  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 中江   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
22.(英)   (日) 歯周病関連細菌(特に偏性嫌気性細菌)の培養方法(1)  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 中江   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
23.(英)   (日) 歯周病関連細菌(特に偏性嫌気性細菌)の培養方法(2)  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 中江   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
24.(英)   (日) 歯周組織切片の作製方法(1)  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 中江   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
25.(英)   (日) 歯周組織切片の作製方法(2)  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 中江   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
26.(英)   (日) 歯周組織の免疫組織学的検索方法  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 中江   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
27.(英)   (日) RT-PCRによるサイトカインの検出(1)  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 中江   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
28.(英)   (日) RT-PCRによるサイトカインの検出(2)  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 中江   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
29.(英)   (日) 実験結果のまとめ方  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 松尾   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
30.(英)   (日) まとめ  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 松尾   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 実験レポートおよび試問により総合的に評価する.   [継承]
再評価 (推奨): (英)   (日) なし   [継承]
教科書 (推奨):
参考資料 (任意):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.松尾 敬志
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) e-mail によりアポイントをとって下さい.必要に応じて時間調節をおこないます.   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 特記事項なし   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/口腔機能再建学実験実習)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/口腔機能再建学実験実習) 閲覧 【授業概要】(2009/口腔機能再建学実験実習) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 口腔機能再建学実験実習 / 口腔機能再建学実験実習
欧文冊子 ● 口腔機能再建学実験実習 / 口腔機能再建学実験実習

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 2, LA = 0.57, Max(EID) = 360829, Max(EOID) = 966473.