『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=182570)

EID=182570EID:182570, Map:[2008/都市システム設計特論], LastModified:2008年12月11日(木) 22:24:10, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Urban System Analysis (日) 都市システム設計特論 (読) とししすてむせっけいとくろん
[継承]
形態 (推奨): 1.ポートフォーリオ [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.山中 英生 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
肩書 (任意):
[継承]
2.滑川 達 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) Basic theories on modeling analysis for land use, transportation and environment systems in urban and regional areas. Design, planning, construction, and management systems for regions.  (日) 都市や地域における土地利用·交通運輸·環境システム,モデル分析手法等の基礎理論,設計·計画·建設·管理のシステムについて理解する.   [継承]
概要 (必須): (英) Yamanaka: Modeling, analysis methods, design and planning method for land use, transportation, and environment systems in urban/ regional areas. Namerikawa: Analysis models, building, management and maintenance methods for infrastructure and environment systems in urban/ regional areas  (日) (山中英生教授)都市·地域における土地利用·交通運輸·環境システムのモデル分析手法と設計·計画システムについて講義を担当する. (滑川 達講師)都市·地域モデル分析手法と都市の建設·管理·整備システムについて講義を担当する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) landuse analysis (日) 土地利用分析 (読) とちりようぶんせき [継承]
2. (英) transport model (日) 交通モデル (読) こうつうもでる [継承]
3. (英) environment protection (日) 環境保全 (読) かんきょうほぜん [継承]
先行科目 (推奨): 1.都市及び交通システム計画 ([2009/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程]]/[2009/[徳島大学.先端技術科学教育部.環境創生工学専攻.エコシステム工学コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2008/都市及び交通システム計画])
必要度 (任意):
[継承]
2.都市·地域計画論 ([2009/[徳島大学.先端技術科学教育部.環境創生工学専攻.エコシステム工学コース]/[博士前期課程]]/[2009/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2008/都市·地域計画論])
必要度 (任意):
[継承]
3.プロジェクトマネジメント ([2009/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程]]/[2009/[徳島大学.先端技術科学教育部.環境創生工学専攻.エコシステム工学コース]/[博士前期課程]]/[2009/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2008/プロジェクトマネジメント])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.政策シミュレーション特論 ([2009/[徳島大学.先端技術科学教育部.環境創生工学専攻.エコシステム工学コース]/[博士後期課程]]/->授業概要[2008/政策シミュレーション特論])
関連度 (任意):
[継承]
2.社会リスク工学特論 ([2009/[徳島大学.先端技術科学教育部.環境創生工学専攻.エコシステム工学コース]/[博士後期課程]]/->授業概要[2008/社会リスク工学特論])
関連度 (任意):
[継承]
3.社会科学 ([2009/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士後期課程]]/[2009/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース]/[博士後期課程]]/[2009/[徳島大学.先端技術科学教育部.環境創生工学専攻.化学機能創生コース]/[博士後期課程]]/[2009/[徳島大学.先端技術科学教育部.環境創生工学専攻.生命テクノサイエンスコース]/[博士後期課程]]/[2009/[徳島大学.先端技術科学教育部.環境創生工学専攻.エコシステム工学コース]/[博士後期課程]]/[2009/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士後期課程]]/[2009/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.知能情報システム工学コース]/[博士後期課程]]/[2009/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.光システム工学コース]/[博士後期課程]]/->授業概要[2008/社会科学])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) To understand the theoryies of modeling method for the analysis of landuse, transport, environments system in urban nad regional areas.  (日) 都市や地域における土地利用·交通運輸·環境システム,そのモデル分析手法等の理論を理解する.  
[継承]
2.(英) To understand project management system in regional develepments.  (日) 地域開発などにおけるプロジェクト管理システムについて理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Discussion on chosing topics 1  (日) 個別学習テーマに関する討議1  
[継承]
2.(英) Discussion on chosing topics 2  (日) 個別学習テーマに関する討議2  
[継承]
3.(英) Review on related researches 1  (日) 関連研究レビューと分析 1  
[継承]
4.(英) Review on related researches 2  (日) 関連研究レビューと分析 2  
[継承]
5.(英) Review on related researches 3  (日) 関連研究レビューと分析 3  
[継承]
6.(英) Review on related researches 4  (日) 関連研究レビューと分析 4  
[継承]
7.(英) Review on related researches 5  (日) 関連研究レビューと分析 5  
[継承]
8.(英) Review on related researches 6  (日) 関連研究レビューと分析 6  
[継承]
9.(英) Case study using a analysis method 1  (日) 分析手法をもちいたケーススタディ 進め方1  
[継承]
10.(英) Case study using a analysis method 2  (日) 分析手法をもちいたケーススタディ 2  
[継承]
11.(英) Case study using a analysis method 3  (日) 分析手法をもちいたケーススタディ 3  
[継承]
12.(英) Case study using a analysis method 4  (日) 分析手法をもちいたケーススタディ 4  
[継承]
13.(英) Case study using a analysis method 5  (日) 分析手法をもちいたケーススタディ 5  
[継承]
14.(英) Discussion on summary of case study 1  (日) ケーススタディのとりまとめ 議論1  
[継承]
15.(英) Discussion on summary of case study 2  (日) ケーススタディのとりまとめ 議論2  
[継承]
評価 (必須): (英) No paper is required. The portforio of learning records and submitted reports are reqiured to be evaluated.  (日) 試験は実施しない.レポートおよび指導と学習の記録によるポートフォーリオを用いて評価する.   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意): 他学科学生も履修可能 [継承]
教科書 (必須):
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.山中 英生 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
2.滑川 達 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/都市システム設計特論)
            →閲覧 【授業概要】(2007/都市システム設計特論)
                →閲覧 【授業概要】(2006/都市システム設計特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/都市システム設計特論) 閲覧 【授業概要】(2009/都市システム設計特論) 閲覧 【授業概要】(2010/都市システム設計特論)

標準的な表示

和文冊子 ● 都市システム設計特論 / Urban System Analysis
欧文冊子 ● Urban System Analysis / 都市システム設計特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 1, LA = 1.81, Max(EID) = 374934, Max(EOID) = 1004767.