『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=181890)

EID=181890EID:181890, Map:[2008/工業物理学実験], LastModified:2008年12月10日(水) 11:27:01, Operator:[水本 匡昭], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.工学基礎教育センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2009年 (平成 21年) [継承]
名称 (必須): (英) Laboratory in General Physics (日) 工業物理学実験 (読) こうぎょうぶつりがくじっけん
[継承]
形態 (不用): 1.実験 [継承]
コース (必須): 1.2009/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.道廣 嘉隆
肩書 (任意):
[継承]
2.中村 浩一 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.物理科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.物理科学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 物理学の基本概念のさらなる理解,および実験を行なう際の基本事項の修得を目的として,基礎的な物理学実験を行なう.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 基本測定(統計処理),力学(ボルダの振り子,角運動量),物性(ヤング率,単剛性率,表面張力,粘性係数,抵抗の温度変化),電磁気学(等電位線,磁気モーメント,静電容量,電磁誘導,ダイオード·トランジスタの特性,ホール効果),熱(比熱,熱伝導率,温度伝導率),波動(フレネルの複プリズム,分光器と回折格子),原子物理学(スペクトル,光電効果,フランク·ヘルツの実験)よりテーマを選択し,3∼4名ずつの班ごとに実験を行ない,レポートを作成·提出する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 物理学実験 (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英)   (日) 予習により,実験内容が理解されていることを前提とする.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 実験レポートを各実験の次回の実験時に提出すること.チェック後再提出を指示する場合がある.その際は提出締め切りまでに提出すること.実験時の安全について受講者は十分に注意すること.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 実験を行なう際の基本事項を理解する.  
[継承]
2.(英)   (日) 実験を通して物理現象を理解し,データの解析および考察を行なえるようになる.  
[継承]
3.(英)   (日) レポート作成の技法を修得する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) オリエンテーション  
[継承]
2.(英)   (日) 実験第1回  
[継承]
3.(英)   (日) 実験第2回  
[継承]
4.(英)   (日) 実験第3回  
[継承]
5.(英)   (日) 実験第4回  
[継承]
6.(英)   (日) 実験第5回  
[継承]
7.(英)   (日) 実験第6回  
[継承]
8.(英)   (日) 実験第7回  
[継承]
9.(英)   (日) 実験第8回  
[継承]
10.(英)   (日) 実験第9回  
[継承]
11.(英)   (日) 実験第10回  
[継承]
12.(英)   (日) 実験第11回  
[継承]
13.(英)   (日) 予備日  
[継承]
14.(英)   (日) レポート提出  
[継承]
15.(英)   (日) 予備日  
[継承]
16.(英)   (日) レポート最終締め切り  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 規定回数以上出席し,レポートを期限内に提出した受講者に対し,レポート(提出状況,内容等)70 %,平常点(受講姿勢等)30 % として評価し,総合で 60 % 以上を合格とする.   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) 【授業評価】と同一である.   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) (C) に対応する.   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 当実験のための教科書「物理学実験」を使用する.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.道廣 嘉隆
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 本講義の受講は,予習により実験内容が理解されている事を前提とする.なお,実験時の安全について受講者各人は十分に注意すること.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2008/工業物理学実験)
            →閲覧 【授業概要】(2007/工業物理学実験)
                →閲覧 【授業概要】(2006/工業物理学実験)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2008/工業物理学実験) 閲覧 【授業概要】(2009/工業物理学実験) 閲覧 【授業概要】(2010/工業物理学実験)

標準的な表示

和文冊子 ● 工業物理学実験 / Laboratory in General Physics
欧文冊子 ● Laboratory in General Physics / 工業物理学実験

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.70, Max(EID) = 366719, Max(EOID) = 982334.