『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=18122)

EID=18122EID:18122, Map:0, LastModified:2018年7月4日(水) 10:48:57, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[部門長]/[大学院ソシオテクノサイエンス研究部.ライフシステム部門]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質機能化学講座 [継承]
2.エコシステム工学専攻.高圧化学工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.魚崎 泰弘
役割 (任意): (英)   (日) 実験,データ解析,論文執筆   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Moriyoshi, Takashi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Glass Transition Temperature of Polystyrene with Compressed Carbon Dioxide  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 305.2 K から 358.2 K の温度範囲で,15 MPa の圧力までで圧縮二酸化炭素中でのポリスチレンのガラス転移温度をフィルムの収縮挙動から決定した.一定温度で圧力を変化させていくと,ある圧力からフィルムの収縮が観測された.この収縮し始める点をガラス転移点と見なした結果,文献値と非常によい一致を示すことを明らかにした.このガラス転移点決定方法は新規なもので他の流体系への適用の可能性についても言及した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): 高圧力の科学と技術 ([日本高圧力学会])
(pISSN: 0917-639X, eISSN: 1348-1940)

ISSN (任意): 1348-1940
ISSN: 0917-639X (pISSN: 0917-639X, eISSN: 1348-1940)
Title: 高圧力の科学と技術
Supplier: 日本高圧力学会
Publisher: Japan Society of High Pressure Science and Technology
 (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 7 [継承]
(必須): [継承]
(必須): 1368 1370 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1998年 3月 3日 (平成 10年 3月 3日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.4131/jshpreview.7.1368    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意): 2-s2.0-0346393661 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Yasuhiro Uosaki and Takashi Moriyoshi : Glass Transition Temperature of Polystyrene with Compressed Carbon Dioxide, The Review of High Pressure Science and Technology, Vol.7, 1368-1370, 1998.
欧文冊子 ● Yasuhiro Uosaki and Takashi Moriyoshi : Glass Transition Temperature of Polystyrene with Compressed Carbon Dioxide, The Review of High Pressure Science and Technology, Vol.7, 1368-1370, 1998.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.48, Max(EID) = 363207, Max(EOID) = 972293.