『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=180383)

EID=180383EID:180383, Map:0, LastModified:2009年12月14日(月) 14:58:47, Operator:[山田 美緒], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Aoki Yasunori (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Berber, Reda Mohamed (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.森 健
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.田中 正己 ([徳島文理大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) DNA as a Component of ER Materials  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) エレクトロレオロジー(ER)流体の材料として,DNAの利用を試みた.DNA粒子およびDNA/脂質複合体,層状複水酸化物(LDH)/DNA複合体の粒子を合成し,それぞれの粒子分散系ER流体を調製した.DNAの修飾によるER効果の違いを検討した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) International Conference on Electorheological Fluids and Magnetorheological Suspensions (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): ドレスデン (Dresden/[ドイツ連邦共和国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2008年 8月 27日 (平成 20年 8月 27日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Keiji Minagawa, Yasunori Aoki, Mohamed Reda Berber, Takeshi Mori and Masami Tanaka : DNA as a Component of ER Materials, International Conference on Electorheological Fluids and Magnetorheological Suspensions, Dresden, Aug. 2008.
欧文冊子 ● Keiji Minagawa, Yasunori Aoki, Mohamed Reda Berber, Takeshi Mori and Masami Tanaka : DNA as a Component of ER Materials, International Conference on Electorheological Fluids and Magnetorheological Suspensions, Dresden, Aug. 2008.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.62, Max(EID) = 359818, Max(EOID) = 963873.