『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=179713)

EID=179713EID:179713, Map:0, LastModified:2009年11月10日(火) 15:47:26, Operator:[山田 美緒], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[森賀 俊広], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨): 博士前期課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.化学プロセス工学講座 (2006年4月1日〜2016年3月31日/->組織[徳島大学.先端技術科学教育部.物質生命システム工学専攻.化学機能創生コース.化学プロセス工学講座]) [継承]
2.徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース.物性デバイス講座 (2006年4月1日〜) [継承]
3.機能性材料 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Watanabe Takayuki (日) 渡邊 隆之 (読) わたなべ たかゆき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Maruo Yoichi (日) 丸尾 洋一 (読) まるお よういち
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Sakamoto Akihiko (日) 坂本 晃彦 (読) さかもと あきひこ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Ueno Takahiro (日) 植野 貴大 (読) うえの たかひろ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Kawamura Ryosuke (日) 河村 亮輔 (読) かわむら りょうすけ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.富永 喜久雄
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.村井 啓一郎 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.森賀 俊広 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 対向ターゲット式DCマグネトロンスパッタリング法によりPET基板上に作製した酸化亜鉛-酸化インジウム系透明導電膜   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本セラミックス協会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 第47回セラミックス基礎科学討論会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): 大阪 (Osaka/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2009年 1月 9日 (平成 21年 1月 9日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 渡邊 隆之, 丸尾 洋一, 坂本 晃彦, 植野 貴大, 河村 亮輔, 富永 喜久雄, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 : 対向ターゲット式DCマグネトロンスパッタリング法によりPET基板上に作製した酸化亜鉛-酸化インジウム系透明導電膜, 第47回セラミックス基礎科学討論会, 2009年1月.
欧文冊子 ● Takayuki Watanabe, Yoichi Maruo, Akihiko Sakamoto, Takahiro Ueno, Ryosuke Kawamura, Kikuo Tominaga, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga : 対向ターゲット式DCマグネトロンスパッタリング法によりPET基板上に作製した酸化亜鉛-酸化インジウム系透明導電膜, 第47回セラミックス基礎科学討論会, Jan. 2009.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.62, Max(EID) = 360832, Max(EOID) = 966486.