『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=179151)

EID=179151EID:179151, Map:0, LastModified:2008年9月23日(火) 09:15:34, Operator:[井澤 俊], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[井澤 俊], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
カテゴリ (必須): 研究 [継承]
団体 (必須): 日本矯正歯科学会 [継承]
名称 (必須): (英) Poster Award (The 67th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society) (日) 第67回日本矯正歯科学会学術大会優秀発表賞 (読) [継承]
組織 (推奨): 1.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.顎口腔再建医学講座 (2004年4月1日〜) [継承]
2.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.医療創生科学部門.分子口腔医学講座 (2004年4月1日〜) [継承]
受賞者 (必須): 1.井澤 俊
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.林 良夫
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.田中 栄二 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
学籍番号 (推奨):
[継承]
テーマ (必須): (英) Analysis for mechanism of articular bone and cartilage destruction via RANKL signal in rheumatoid arthritis  (日) RANKLシグナルを介した関節リウマチにおける関節骨・軟骨破壊機構の解析   [継承]
年月日 (必須): 西暦 2008年 9月 18日 (平成 20年 9月 18日) [継承]
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 井澤 俊, 林 良夫, 田中 栄二 : RANKLシグナルを介した関節リウマチにおける関節骨・軟骨破壊機構の解析, 第67回日本矯正歯科学会学術大会優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2008年9月.
欧文冊子 ● Takashi Izawa, Yoshio Hayashi and Eiji Tanaka : Analysis for mechanism of articular bone and cartilage destruction via RANKL signal in rheumatoid arthritis, Poster Award (The 67th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society), Japanes Orthodontic Society, Sep. 2008.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.46, Max(EID) = 366679, Max(EOID) = 982186.