『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=178081)

EID=178081EID:178081, Map:0, LastModified:2014年11月20日(木) 16:43:38, Operator:[福見 稔], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[カルンガル スティフィン], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.情報システム工学 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Toshihiro, YOSHIDA (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Takahiro OGAWA (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.カルンガル スティフィン ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.柘植 覚
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.福見 稔 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.満倉 靖恵 ([慶應義塾大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Relation between mental change and EEG when doing Trivial Tasks  (日) 簡単なタスクをする際の心理的変化と脳波の関係   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) Recently, due to long time usago of computers and Visual Display Terminals (VDTs), mental stress and related illnesses has increased tremendously in today's contemporary society. If a computer based method to diagnose stress were available it would go a long way in reducing stress illnesses. Hence, it is thought that quantification of stress is important. In this research, we study the relationship between stress and electroencephalogram (EEG) signals. We studied the effect of stress (the pysiological parameter) when the brain is doing trivial tasks by measuring the brain waves of a subject before and after doing such a task. We then apply simple principal component analysis (Simple-PCA) to characterize the change in each component, extract it and discriminate using a Neural Network (NN). The trivial task used in this experiment is asking the subject to pick and move beans from one plate to another using chopstick. A recognition accuracy of about 80 % was achieved.  (日) 近年,モニター(ディスプレイ)を長時間見続けることによるストレスや関連疾患が増加している.もし計算機に基づく手法で,精神疾患やストレスを診断できれば,ストレス性疾患の予防に役立つと考えられる.この場合,ストレスの定量的な評価が重要である.本国際会議論文では,ストレスと脳波(EEG)の関係を調べている.ある簡単なタスク(豆を箸で掴んで移動させるタスク)の前後で,被験者の脳波を計測し,そのへ塩化を調べる.その際に,主成分分析の近似計算法であるSimple-PCAを用いて特徴を生成し,ニューラルネットワークで識別する.計算機実験により,約80%の識別精度を得た.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Proc. of ICEE'08 (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): O-160 [継承]
(必須): [継承]
(必須): 1 5 [継承]
都市 (必須): 沖縄 (Okinawa/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2008年 7月 10日 (平成 20年 7月 10日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● YOSHIDA Toshihiro, OGAWA Takahiro, Stephen Githinji Karungaru, Satoru Tsuge, Minoru Fukumi and Yasue Mitsukura : Relation between mental change and EEG when doing Trivial Tasks, Proc. of ICEE'08, Vol.O-160, 1-5, Okinawa, July 2008.
欧文冊子 ● YOSHIDA Toshihiro, OGAWA Takahiro, Stephen Githinji Karungaru, Satoru Tsuge, Minoru Fukumi and Yasue Mitsukura : Relation between mental change and EEG when doing Trivial Tasks, Proc. of ICEE'08, Vol.O-160, 1-5, Okinawa, July 2008.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.47, Max(EID) = 366142, Max(EOID) = 980557.