『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=177564)

EID=177564EID:177564, Map:0, LastModified:2008年6月19日(木) 10:43:37, Operator:[山内 あい子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[山内 あい子], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.日本薬学会 [継承]
著者 (必須): 1. (英) (日) 高田 裕介 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 矢野 麻衣子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 原田 恵 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.山内 あい子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.木原 勝
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) エタノール アミンおよびピペリジン誘導体の合成とノルエピネフリン増強作用の検討   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 日本薬学会 第128年会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): (英) (日) 横浜市 (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2008年 3月 26日 (平成 20年 3月 26日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 高田 裕介, 矢野 麻衣子, 原田 恵, 山内 あい子, 木原 勝 : エタノール アミンおよびピペリジン誘導体の合成とノルエピネフリン増強作用の検討, 日本薬学会 第128年会, (巻), (号), (頁), 2008年3月.
欧文冊子 ● 高田 裕介, 矢野 麻衣子, 原田 恵, Aiko Yamauchi and Masaru Kihara : エタノール アミンおよびピペリジン誘導体の合成とノルエピネフリン増強作用の検討, 日本薬学会 第128年会, (巻), (号), (頁), March 2008.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.67, Max(EID) = 373348, Max(EOID) = 998911.