『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=17753)

EID=17753EID:17753, Map:0, LastModified:2016年3月22日(火) 15:13:16, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.工学基礎教育センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.工学基礎教育センター.工学基礎講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Hanada Takao (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.今井 仁司
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) A MODEL OF A CONTACT ANGLE PROBLEM AND ITS NUMERICAL SIMULATION  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文は,2相Stefan問題の自由境界の挙動をより現実的にシミュレートするためのモデルを提案した. より現実的なシミュレートには,凝固時の密度変化に伴う体積変化と, この体積変化に伴う自由境界と固定境界の接触点の移動を考慮する必要がある. 体積変化のモデルは番号5の論文で提案した. 接触点の移動に関してはYoung条件を拡張したモデルを提案したが, このモデルでは流体が容器からあふれるような状況をシミュレートできなかった. そこで,本論文では,接触点の移動に関して, 緩和時間を導入して以前のモデルを修正した. このモデルによって,凝固に伴って流体追いやられて容器からあふれようとする際の, 表面張力によって流体が盛り上がるシミュレーションが可能になった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) GAKUTO International Series, Mathematical Sciences and Applications (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 11 [継承]
(必須):
(必須): 181 192 [継承]
都市 (任意): (英) Kyoto University (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1998年 1月 1日 (平成 10年 1月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Takao Hanada and Hitoshi Imai : A MODEL OF A CONTACT ANGLE PROBLEM AND ITS NUMERICAL SIMULATION, GAKUTO International Series, Mathematical Sciences and Applications, Vol.11, (号), 181-192, 1998.
欧文冊子 ● Takao Hanada and Hitoshi Imai : A MODEL OF A CONTACT ANGLE PROBLEM AND ITS NUMERICAL SIMULATION, GAKUTO International Series, Mathematical Sciences and Applications, Vol.11, (号), 181-192, 1998.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.20, Max(EID) = 359798, Max(EOID) = 963761.