『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=175215)

EID=175215EID:175215, Map:0, LastModified:2014年11月25日(火) 15:43:33, Operator:[獅々堀 正幹], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[獅々堀 正幹], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.情報ソリューション部門.感性情報処理 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
2.徳島大学.高度情報化基盤センター (2002年4月1日〜2010年6月30日) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Nishikawa Nobuki (日) 西川 伸紀 (読) にしかわ のぶき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.獅々堀 正幹 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 研究手法の提案,研究指導,論文校正を行った.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.柘植 覚
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.北 研二 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 共同研究者として,関連文献の調査および研究指導を行った.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) A Method to Retrieve Telops Based on the Distance of Character Image Features between Query and Telop  (日) 検索質問と字幕の文字画像特徴量間の距離に基づく字幕検索手法   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) In this paper, a new video scene retrieval method based on telop characters is proposed. This method calculates the distance between each image features of telop characters and template image features of query keyword. The number of distance calculations can decrease by indexing the multidimensional data for image features of telop characters. Experimental results, using 91 query keywords, show that the average precision of proposed method using 1-gram feature becomes 98.61%, and using 2-gram feature becomes 99.59%. Moreover, the retrieval time can be obtained in about 0.5 seconds when using 2-gram feature.  (日) 本論文では,テロップ内に出現する文字に基づく字幕検索手法を提案する.本手法では,テロップ内に出現する字幕文字とクエリーを構成する文字群(1グラム,2グラム)との間の画像特徴量の類似性に着目して検索を行う.実際に91個の検索クエリーを用いた実験を行った結果,1グラム特徴量用いた場合には98.61%,2グラム特徴量を用いた場合には99.59%の検索精度が得られた.更に,2グラム特徴量を用いた場合には約0.5秒以内で検索され,高速かつ高精度な映像シーン検索システムを実現できた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Proceedings of 14th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2008) (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): 25 30 [継承]
都市 (必須): 大分 (Oita/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2008年 1月 23日 (平成 20年 1月 23日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Nobuki Nishikawa, Masami Shishibori, Satoru Tsuge and Kenji Kita : A Method to Retrieve Telops Based on the Distance of Character Image Features between Query and Telop, Proceedings of 14th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2008), 25-30, Oita, Jan. 2008.
欧文冊子 ● Nobuki Nishikawa, Masami Shishibori, Satoru Tsuge and Kenji Kita : A Method to Retrieve Telops Based on the Distance of Character Image Features between Query and Telop, Proceedings of 14th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2008), 25-30, Oita, Jan. 2008.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.69, Max(EID) = 376278, Max(EOID) = 1007915.