『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=174537)

EID=174537EID:174537, Map:0, LastModified:2008年4月3日(木) 15:47:17, Operator:[浜田 賢一], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[浜田 賢一], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.顎口腔再建医学講座 (2004年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Fujiwara Emi (日) 藤原 江美 (読) ふじはら えみ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.河野 文昭 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.総合診療歯科学]/[徳島大学.病院.中央診療施設等.総合歯科診療部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.浜田 賢一 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.生体材料工学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.淺岡 憲三
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Incorporation of carbonate apatite into the strontium-substituted resorbable calcium phosphate bone cement  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) 2nd International Symposium and Workshop "The future Direction of Oral Sciences in the 21st Century" (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): 徳島 (Tokushima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2007年 12月 8日 (平成 19年 12月 8日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Emi Fujiwara, Fumiaki Kawano, Kenichi Hamada and Kenzo Asaoka : Incorporation of carbonate apatite into the strontium-substituted resorbable calcium phosphate bone cement, 2nd International Symposium and Workshop "The future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", (巻), (号), (頁), Tokushima, Dec. 2007.
欧文冊子 ● Emi Fujiwara, Fumiaki Kawano, Kenichi Hamada and Kenzo Asaoka : Incorporation of carbonate apatite into the strontium-substituted resorbable calcium phosphate bone cement, 2nd International Symposium and Workshop "The future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", (巻), (号), (頁), Tokushima, Dec. 2007.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.95, Max(EID) = 373386, Max(EOID) = 999139.