『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=17409)

EID=17409EID:17409, Map:0, LastModified:2007年1月21日(日) 13:55:02, Operator:[河村 保彦], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[西内 優騎], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科 [継承]
2.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1.津嘉山 正夫
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Akihiro Oda (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.西内 優騎 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.河村 保彦 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 内容討論   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Syntheses of Alkyl-2'-hydroxyisoflavone and Alkylpolyhydroxycoumaronochromone Derivatives  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 近年いくつか単離,構造決定されたクマロノクロモン類は生理活性等の観点からも重要である.従来これらの合成は低収率で困難であったが,本報告により,8-ヨードポリヒドロキシイソフラボンの硝酸タリウム酸化による合成,0価パラジウムによる8- 位アルキニル化と脱水,さらにDDQまたはo-クロラニルによるB環及びC環の2'-ヒドロキシ基の酸化閉環による簡便な合成法を提案する.実際,この方法により,種々のクマロノクロモン類が収率良く合成できた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) The 8 th Asian Chemical Congress and Chemical Industry & Instrument Exhibition, Abstracts (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 482 482 [継承]
都市 (必須): 台北 (Taipei/[台湾]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1999年 11月 22日 (平成 11年 11月 22日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Masao Tsukayama, Oda Akihiro, Masaki Nishiuchi and Yasuhiko Kawamura : Syntheses of Alkyl-2'-hydroxyisoflavone and Alkylpolyhydroxycoumaronochromone Derivatives, The 8 th Asian Chemical Congress and Chemical Industry & Instrument Exhibition, Abstracts, (巻), (号), 482, Taipei, Nov. 1999.
欧文冊子 ● Masao Tsukayama, Oda Akihiro, Masaki Nishiuchi and Yasuhiko Kawamura : Syntheses of Alkyl-2'-hydroxyisoflavone and Alkylpolyhydroxycoumaronochromone Derivatives, The 8 th Asian Chemical Congress and Chemical Industry & Instrument Exhibition, Abstracts, (巻), (号), 482, Taipei, Nov. 1999.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.48, Max(EID) = 360825, Max(EOID) = 966461.