『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=172319)

EID=172319EID:172319, Map:0, LastModified:2018年2月8日(木) 14:03:14, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[吉田 賀弥], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.生体システム栄養科学部門.摂食機能制御学講座 (2004年4月1日〜2015年3月31日) [継承]
2.徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.発達予防医歯学部門.健康長寿歯科学講座 (2004年4月1日〜) [継承]
3.徳島大学.歯学部.口腔保健学科.口腔保健基礎学講座 (2007年4月1日〜) [継承]
4.徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.ライフシステム部門.生命システム工学 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Susilowati Heni (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.弘田 克彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.岡村 裕彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.吉田 賀弥 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健教育学]/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科.口腔保健基礎学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.村上 圭史
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.田端 厚之 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.生体分子機能学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.長宗 秀明 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.生体分子機能学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.羽地 達次
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.三宅 洋一郎
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) The mechanisms of Intermedilysin to induce cell death on HepG2 and HuCCT1 cell lines  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) The 1st international symposium and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'' (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): (英) Awajishima (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2007年 3月 初日 (平成 19年 3月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Heni Susilowati, Katsuhiko Hirota, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : The mechanisms of Intermedilysin to induce cell death on HepG2 and HuCCT1 cell lines, The 1st international symposium and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'', Awajishima, March 2007.
欧文冊子 ● Heni Susilowati, Katsuhiko Hirota, Hirohiko Okamura, Kaya Yoshida, Keiji Murakami, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Tatsuji Haneji and Yoichiro Miyake : The mechanisms of Intermedilysin to induce cell death on HepG2 and HuCCT1 cell lines, The 1st international symposium and workshop ''The Future Direction of Oral Sciences in the 21st century'', Awajishima, March 2007.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.96, Max(EID) = 376549, Max(EOID) = 1008437.