『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=171039)

EID=171039EID:171039, Map:0, LastModified:2011年4月7日(木) 18:56:26, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 医科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Introduction to Proteomics (日) プロテオミクス概論 (読) プロテオミクスがいろん
[継承]
形態 (必須):
コース (必須): 1.2008/[徳島大学.医科学教育部.医科学専攻]/[修士課程] [継承]
2.2008/[徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻]/[博士課程] [継承]
3.2008/[徳島大学.栄養生命科学教育部.人間栄養科学専攻]/[博士前期課程] [継承]
4.2008/[徳島大学.栄養生命科学教育部.人間栄養科学専攻]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.谷口 寿章
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
2.木戸 博 ([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
3.蛯名 洋介
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
4.野間 隆文
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
5.宮本 賢一
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) ポストゲノム時代における医学,生物学に重要な位置を占めるプロテオミクスの基礎を習得する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 遺伝子産物である蛋白質がどのように相互作用して生命活動を制御するかを理解する手段としてのプロテオミクスの理論,解析法,応用例を体系的に講義する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
授業方法 (推奨):
注意 (推奨): (英)   (日) 講義においてはプリントも配布するが,プロジェクターなどを使用しての講義なのでノートの取り方は工夫すること.   [継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 授業ガイダンス+プロテオミクス序論  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 谷口寿章   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) プロテオミクスを用いたインスリンシグナル伝達の解明1  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 蛯名洋介   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) プロテオミクスを用いたインスリンシグナル伝達の解明2  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 蛯名洋介   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) プロテオミクスを用いたインスリンシグナル伝達の解明3  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 蛯名洋介   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
5.(英)   (日) 健康長寿食品とプロテオミクス1  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 宮本賢一   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
6.(英)   (日) 健康長寿食品とプロテオミクス2  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 宮本賢一   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
7.(英)   (日) エネルギー代謝のプロテオミクス1  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 野間隆文   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
8.(英)   (日) エネルギー代謝のプロテオミクス2  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 野間隆文   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
9.(英)   (日) プロテオミクス解析の疾患への応用【基礎】  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 木戸博   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
10.(英)   (日) インフルエンザ脳症のプロテオミクス解析【応用1】  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 木戸博   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
11.(英)   (日) ゲノミクスとプロテオミクスを統合したインフルエンザ脳症の解析【応用2】  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 木戸博   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
12.(英)   (日) プロテオミクスの解析技術  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 谷口寿章   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
13.(英)   (日) 生体高分子の質量分析法  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 谷口寿章   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
14.(英)   (日) 翻訳後修飾の解析  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 谷口寿章   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
15.(英)   (日) プロテオミクスの生命科学への応用  
内容 (任意):
担当者 (推奨): (英)   (日) 谷口寿章   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席状況,受講態度,レポートなどにより判断する.   [継承]
再評価 (任意):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.谷口 寿章
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) 水曜日の16:00∼18:00 (e-mail により時間調節を適宜おこないます)   [継承]
[継承]
2. (英) (日) 他の教員についても, e-mail にて時間調節の上,面談して下さい. (読)
オフィスアワー (推奨):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2008/プロテオミクス概論) 閲覧 【授業概要】(2009/プロテオミクス概論)

標準的な表示

和文冊子 ● プロテオミクス概論 / Introduction to Proteomics
欧文冊子 ● Introduction to Proteomics / プロテオミクス概論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(8) 閲覧【担当授業】…(5)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 5, LA = 0.59, Max(EID) = 368515, Max(EOID) = 985897.