『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=170875)

EID=170875EID:170875, Map:0, LastModified:2011年4月6日(水) 22:06:40, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.口腔科学教育部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 口腔科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Anatomy of the Oral and Maxillofacial Region Seminar (日) 口腔機能再建学実験実習 (読) こうくうきのうさいけんがくじっけんじっしゅう
[継承]
コース (必須): 1.2008/[徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻]/[博士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.北村 清一郎
肩書 (任意):
役割 (任意): 授業責任者 [継承]
[継承]
2.山下 菊治
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
3.角田 佳折 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔顎顔面形態学])
肩書 (任意):
役割 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須):
概要 (必須): (英)   (日) 高度に進歩する歯科臨床の現場においては,治療後の組織再建や口腔機能回復が重要な課題となっている.生体親和性を有する各種代替材料を用いた治療法の開発をはじめ,顎口腔形態・機能や歯科的侵襲に対する生体の応答性に関する新しい評価法の開発,顎口腔形態・機能異常の発症機構の解明および予防法・治療法開発に関する実験指導を行い,その成果を学術論文にまとめる方法を指導する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (推奨): (英)   (日) 毎回出席を取り,出席状況も評価の対象とする.   [継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 口腔顎顔面領域の局所解剖学:臨床に係る事項の中からテーマを選び,そのテーマに即して,実際に遺体を用いて頭頸部の解剖を行い,その所見をレポートにまとめる.  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 角田佳折   [継承]
授業回数 (任意): 10 [継承]
[継承]
2.(英)   (日) 口腔顎顔面領域の局所解剖学:その所見に係る文献を渉猟し,その所見についての考察をまとめる.  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 北村清一郎   [継承]
授業回数 (任意): 4 [継承]
[継承]
3.(英)   (日) 口腔顎顔面領域の局所解剖学:得られた所見と考察を中心にプレゼンテーションを行う.  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 北村清一郎   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) 硬組織再生機構に関する研究:臨床に係る事項の中からテーマを選び,そのテーマに即して,実験を行い,その所見をレポートにまとめる.  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 山下菊治   [継承]
授業回数 (任意): 10 [継承]
[継承]
5.(英)   (日) 硬組織再生機構に関する研究:その所見に係る文献を渉猟し,その所見についての考察をまとめる.  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 山下菊治   [継承]
授業回数 (任意): 4 [継承]
[継承]
6.(英)   (日) 硬組織再生機構に関する研究:得られた所見と考察を中心にプレゼンテーションを行う.  
内容 (任意):
担当者 (必須): (英)   (日) 山下菊治   [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 発表の内容で評価を行う.   [継承]
再評価 (推奨): (英)   (日) 成績不良の場合には再発表させる.   [継承]
教科書 (推奨):
参考資料 (任意):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.北村 清一郎
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) 時間の取れる限り対応する.メールにて時間調整の上,面談して下さい.   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 特になし.   [継承]

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2008/口腔機能再建学実験実習) 閲覧 【授業概要】(2009/口腔機能再建学実験実習)

標準的な表示

和文冊子 ● 口腔機能再建学実験実習 / Anatomy of the Oral and Maxillofacial Region Seminar
欧文冊子 ● Anatomy of the Oral and Maxillofacial Region Seminar / 口腔機能再建学実験実習

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 3, LA = 0.43, Max(EID) = 366155, Max(EOID) = 980603.