『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=170776)

EID=170776EID:170776, Map:0, LastModified:2011年4月10日(日) 19:09:28, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.歯学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 歯学部歯学科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Oral and Maxillofacial Radiology (日) 歯科放射線学B 講義 (読) しかほうしゃせんがく こうぎ
[継承]
形態 (必須): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2008/[徳島大学.歯学部.歯学科]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.細木 秀彦 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.歯科放射線学]/[徳島大学.病院.診療科.歯科.歯科放射線科])
肩書 (任意):
[継承]
2.高橋 章 ([徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔外科])
肩書 (任意):
[継承]
3.森田 康彦
肩書 (任意):
[継承]
4.古川 惣平 ([大阪大学])
肩書 (任意): 非常勤講師 ([教職員.教員]/[非常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 歯科医師に必要な電離および非電離放射線の有効かつ安全な利用について知識,技能および態度を修得する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) (1)歯・口腔顎顔面領域の画像検査
歯・口腔顎顔面領域の画像検査を適切に選択し実施するために,特徴,種類,技術および適応を理解する.
(2)歯・口腔顎顔面領域疾患の画像診断
適切な画像診断を行うために,歯・口腔顎顔面領域疾患の画像所見の特徴を理解する.  
[継承]
授業テーマ (必須): (英)   (日) 歯科における電離および非電離放射線の有効かつ安全な利用   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
授業方法 (必須): 1.(英)   (日) 講義型式 プリント,スライドを用いる.   [継承]
授業場所 (必須): (英)   (日) 臨床示説室   [継承]
注意 (推奨):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 顎顔面頭蓋部のエックス線撮影について説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <F-1-(2)-8)>   [継承]
[継承]
2.(英)   (日) 造影法について説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <F-1-(2)-8)>   [継承]
[継承]
3.(英)   (日) 超音波検査法について説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <F-1-(2)-9)>   [継承]
[継承]
4.(英)   (日) 核医学検査について説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <F-1-(2)-9)>   [継承]
[継承]
5.(英)   (日) 画像診断の基本的事項を説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <F-1-(2)-7)>   [継承]
[継承]
6.(英)   (日) 正常解剖像について説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <F-1-(2)-7)>   [継承]
[継承]
7.(英)   (日) 歯と歯周組織の病変について説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <F-1-(2)-7)>   [継承]
[継承]
8.(英)   (日) 口腔顎顔面領域の疾患について説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <F-1-(2)-7)>   [継承]
[継承]
9.(英)   (日) 放射線腫瘍学の基礎的事項について説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <D-4-(6)-1)-6)>   [継承]
[継承]
10.(英)   (日) 放射線治療とその実際について説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <F-2-(5)-3)>   [継承]
[継承]
11.(英)   (日) 放射線治療患者の口腔管理について説明できる.  
目標のカリキュラム関連 (推奨): (英)   (日) <F-1-(5)-2)>   [継承]
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 診断:診断学総論  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 画像診断学とは, 検査法,読影の進め方,エックス線写真,所見と一般的な表現,レントゲンサイン,鑑別診断   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 森田   [継承]
計画毎の目標 (必須): 5 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
2.(英)   (日) 検査法:顎·顔面および頭部の撮影法  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 口外法,一般撮影,特殊撮影,撮影補助具   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 森田   [継承]
計画毎の目標 (必須): 1,7,8 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
3.(英)   (日) 診断:歯の発育異常
系統疾患  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 歯の数,大きさ,形,萌出位置と時期の異常,埋伏歯の位置決定法,系統疾患   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 森田   [継承]
計画毎の目標 (必須): 7 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
4.(英)   (日) 診断:う蝕  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 疾患分類,エックス線像の特徴と病巣の進展   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 森田   [継承]
計画毎の目標 (必須): 7 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
5.(英)   (日) 診断:根尖性歯周疾患  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 疾患分類,エックス線像の特徴と病巣の進展   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 森田   [継承]
計画毎の目標 (必須): 7 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
6.(英)   (日) 診断:辺縁性歯周疾患  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 疾患分類,エックス線像の特徴と病巣の進展   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 森田   [継承]
計画毎の目標 (必須): 7 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
7.(英)   (日) 診断:歯冠周囲炎  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 疾患分類,エックス線像の特徴と病巣の進展   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 森田   [継承]
計画毎の目標 (必須): 7 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
8.(英)   (日) 診断:顎骨疾患の放射線学  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 検査法,疾患分類   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 森田   [継承]
計画毎の目標 (必須): 8 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
9.(英)   (日) 診断:顎骨疾患の放射線学  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 読影の実際   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 森田   [継承]
計画毎の目標 (必須): 8 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
10.(英)   (日) 検査法:核医学・超音波・造影法  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 画像形成原理と正常解剖像,読影の実際   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 森田   [継承]
計画毎の目標 (必須): 2,3,4,6 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
11.(英)   (日) 診断:上顎洞疾患の放射線学  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 検査法,疾患分類,読影の実際,   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 細木   [継承]
計画毎の目標 (必須): 8 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
12.(英)   (日) 診断:外傷・顎関節疾患の放射線学  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 検査法,疾患分類,読影の実際   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 細木   [継承]
計画毎の目標 (必須): 8 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
13.(英)   (日) 診断:唾液腺疾患の放射線学
頭頸部軟部組織疾患の放射線学  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 検査法,解剖像,疾患分類,読影の実際   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 高橋   [継承]
計画毎の目標 (必須): 8 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
14.(英)   (日) 放射線治療:放射線治療学  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 放射線治療学の基礎,放射線治療の実際   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 古川   [継承]
計画毎の目標 (必須): 9,10,11 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
15.(英)   (日) 放射線治療:放射線治療学  
内容 (必須): 1.(英)   (日) 治療に伴う後障害とその防止   [継承]
担当者 (必須): (英)   (日) 古川   [継承]
計画毎の目標 (必須): 9,10,11 [継承]
授業回数 (任意):
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 筆記試験を行い 60点以上を合格とする.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 行う   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 1)標準歯科放射線学:西連寺永康監修,第2版,医学書院,2000   [継承]
2.(英)   (日) 2)歯科放射線学:古本啓一,岡野友宏,小林馨編,第4版,医歯薬出版,2006   [継承]
3.(英)   (日) 3)口腔画像診断アトラス:日本歯科放射線学会編,医歯薬出版,1998   [継承]
4.(英)   (日) 4)口腔画像診断の臨床:東与光,生田裕之著,第2版,医歯薬出版,1992   [継承]
5.(英)   (日) 5)歯科診療における放射線の管理と防護:日本歯科放射線学会・放射線防護委員会編,第2版,医歯薬出版,2002   [継承]
6.(英)   (日) 6)放射線基礎医学:菅原努監修,改訂第8版,金芳堂,1996   [継承]
7.(英)   (日) 7)放射線科医のための放射線生物学:E.J.Hall著 浦野宗保訳,第4版,篠原出版,1995   [継承]
8.(英) 8)Panoramic Radiography :O.E.Langland et al, 2nd ed. LEA & FEBIGFR, 1989  (日)    [継承]
9.(英)   (日) 9)人は放射線になぜ弱いのか:近藤宗平,第3版,講談社,2000   [継承]
10.(英)   (日) 10)歯科診療におけるX線診断の品質保証プログラム:佐々木武仁編,医歯薬出版,2006   [継承]
URL (任意):
連絡先 (必須): 1.細木 秀彦 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.歯科放射線学]/[徳島大学.病院.診療科.歯科.歯科放射線科])
オフィスアワー (必須): (英)   (日) (月∼金の16:30∼17:30/3F放射線・第2研究室)   [継承]
[継承]
2.高橋 章 ([徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔外科])
オフィスアワー (必須): (英)   (日) (月∼金の16:30∼17:30/3F放射線・第2研究室)   [継承]
[継承]
3.森田 康彦
オフィスアワー (必須): (英)   (日) (月∼金の16:30∼17:30/3F放射線・第2研究室)   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2008/歯科放射線学B 講義) 閲覧 【授業概要】(2009/歯科放射線学B 講義)

標準的な表示

和文冊子 ● 歯科放射線学B 講義 / Oral and Maxillofacial Radiology
欧文冊子 ● Oral and Maxillofacial Radiology / 歯科放射線学B 講義

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.67, Max(EID) = 374152, Max(EOID) = 1001965.