『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=169439)

EID=169439EID:169439, Map:[2007/知能情報処理特論], LastModified:2010年1月10日(日) 15:49:45, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Lecture of Intelligent Information Processing (日) 知能情報処理特論 (読) ちのうじょうほうしょりとくろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義および演習 [継承]
コース (必須): 1.2008/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.島本 隆 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
肩書 (任意):
[継承]
2.宋 天 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) Understand the importance of utilizing the methodology of system LSI design to make function design, synthesis, timing design and layout design. Be able to make use of CAD tools for system LSI design  (日) 集積回路に関わる論理合成,タイミング分析,レイアウト設計など工学的な諸問題を解く,あるいは種々の情報処理を行う際に,システム設計方法論を用いることが重要であることを理解させ,それらに関する基礎知識や応用方法等を修得させる.   [継承]
概要 (必須): (英) The methodology of system LSI design will be discussed together with some practical exercises concerning the function design, synthesis, timing design and layout design with CAD tools.  (日) 業界に最も広く使用される合成,タイミング分析,レイアウト用CADツールを用いて,実習を行うとともに,集積回路に関する設計方法論について解説する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) system LSI (日) システムLSI (読) しすてむ [継承]
2. (英) VLSI synthesis design (日) 論理合成 (読) ろんりごうせい [継承]
3. (英) VLSI timing design (日) VLSIタイミング設計 (読) たいみんぐせっけい [継承]
4. (英) VLSI layout design (日) VLSIレイアウト設計 (読) れいあうとせっけい [継承]
先行科目 (推奨): 1.アルゴリズムとデータ構造 ([2008/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/アルゴリズムとデータ構造])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.電子回路特論 ([2008/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2007/電子回路特論])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英) To understand the basic problems and methodology of system LSI design. Can make use of CAD tools for system LSI design.  (日) システムLSIの設計に関わる諸問題, 設計法論を理解し,システムLSI設計に用いる各種ツールの使用方法を習得する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Introduction of the system LSI  (日) システムLSIとは  
[継承]
2.(英) The design flow of system LSI  (日) システムLSI設計フロー  
[継承]
3.(英) Main issues of system LSI design  (日) システムLSI構成要素  
[継承]
4.(英) Function design (3 weeks)  (日) 機能設計 (3週)  
[継承]
5.(英) Synthesis design (3 weeks)  (日) 論理設計 (3週)  
[継承]
6.(英) Timing design (3 weeks)  (日) タイミング設計(3週)  
[継承]
7.(英) Layout design (3 weeks)  (日) レイアウト設計(3週)  
[継承]
8.(英) Examination  (日) 試験  
[継承]
評価 (必須): (英) Unit evaluation contains examination 70% and exercise 30%.  (日) 試験70%と平常点(レポート等)30%により評価する   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英) STARC SoC design training courses text  (日) (株)半導体理工学研究センター(STARC)作成のSoC設計技術テキスト   [継承]
2.(英) Exercises are introduced in the class  (日) 演習課題等の資料は講義で配布する   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.島本 隆 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
2.宋 天 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
3.橋爪 正樹 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
4.四柳 浩之 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2007/知能情報処理特論)
            →閲覧 【授業概要】(2006/知能情報処理特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2007/知能情報処理特論) 閲覧 【授業概要】(2008/知能情報処理特論) 閲覧 【授業概要】(2009/知能情報処理工学)

標準的な表示

和文冊子 ● 知能情報処理特論 / Advanced Lecture of Intelligent Information Processing
欧文冊子 ● Advanced Lecture of Intelligent Information Processing / 知能情報処理特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(4) 閲覧【担当授業】…(1)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 1.11, Max(EID) = 364736, Max(EOID) = 976762.