『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=169266)

EID=169266EID:169266, Map:[2007/マイクロコンピュータ応用], LastModified:2007年12月11日(火) 21:48:23, Operator:[三好 康夫], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•夜間主 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Microcomputer Application Technique (日) マイクロコンピュータ応用 (読) マイクロコンピュータおうよう
[継承]
形態 (不用): 1.講義および演習 [継承]
コース (必須): 1.2008/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[夜間主コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.森田 郁朗
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 各種装置に組み込まれて使用されている制御用マイクロコンピュータシステムの構成法·設計法を,主としてZ80系CPUを使用した講義と実習により理解する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) マイクロコンピュータを用いた計測·制御システムのハードウェアおよびソフトウェアの構成法·設計法を,講義と実習を通して修得する.実習を並行して行うことで,講義内容をより確実なものとすることを意図している.   [継承]
キーワード (推奨): 1.マイクロコンピュータ (microcomputer) [継承]
2.割り込み (interrupt) [継承]
3.ディジタル制御 (digital control) [継承]
4. (英) (日) マイコンシステム開発 (読) [継承]
先行科目 (推奨): 1.マイクロコンピュータ回路 ([2008/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2007/マイクロコンピュータ回路])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
2.マイクロコンピュータ言語1 ([2008/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2007/マイクロコンピュータ言語1])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
3.マイクロコンピュータ言語2 ([2008/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2007/マイクロコンピュータ言語2])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨): 1.ディジタル回路 ([2008/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2007/ディジタル回路])
関連度 (任意):
[継承]
2.制御工学 ([2008/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2007/制御工学])
関連度 (任意):
[継承]
3.センサ工学 ([2008/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2007/センサ工学])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意): (英)   (日) 「マイクロコンピュータ回路」,「マイクロコンピュータ言語1」,「マイクロコンピュータ言語2」を受講していること.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 欠席すると直ちにわからなくなるので欠席しないこと.少しでもわからないところがあれば,気軽に質問すること.こまごました事が多く,難しい理論や理屈ではないことが多いので.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) マイクロコンピュータの基礎(構成および動作)と用語を理解する.  
[継承]
2.(英)   (日) 周辺LSIの動作とそのプログラミング技法(ポーリングと割込み)を理解する.  
[継承]
3.(英)   (日) ステッピングモータ制御等の実習を通して,組込み型マイクロコンピュータの応用技法を習得する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) マイクロコンピュータの設計開発技法の概説  
[継承]
2.(英)   (日) アセンブリ言語,C言語,リンカ,デバッガ等  
[継承]
3.(英)   (日) マイクロプロセッサ開発システム,ICE,ROM化  
[継承]
4.(英)   (日) バスサイクルと入出力インターフェース回路  
[継承]
5.(英)   (日) 汎用周辺LSI(パラレルI/O,タイマ/カウンタ,シリアルI/O)  
[継承]
6.(英)   (日) モジュールプログラミングの開発技法  
[継承]
7.(英)   (日) レポート·小テスト  
[継承]
8.(英)   (日) プログラムドI/O(ポーリング)の実習  
[継承]
9.(英)   (日) 割り込み制御(割り込みI/O)の実習  
[継承]
10.(英)   (日) A/D,D/A変換器の数学モデル,数値コード  
[継承]
11.(英)   (日) z変換とその性質,ディジタルPID制御  
[継承]
12.(英)   (日) ステッピングモータの特性とその制御の実習  
[継承]
13.(英)   (日) DCモータの制御の実習  
[継承]
14.(英)   (日) レポート·小テスト  
[継承]
15.(英)   (日) 最終試験  
[継承]
16.(英)   (日) 試験の返却とまとめ  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席状況と実習状況(30%),レポートと小テスト(30%)および最終試験(40%)を総合評価し,60%以上で合格とする.   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 図解Z80マイコン応用システム入門-ハード編   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) マイクロコンピュータ関係の用語集(用語辞典)を用意することが望ましい.参考書は教科書的でない実務的な参考書が望ましい.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.森田 郁朗
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) .   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2007/マイクロコンピュータ応用)
            →閲覧 【授業概要】(2006/マイクロコンピュータ応用)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2007/マイクロコンピュータ応用) 閲覧 【授業概要】(2008/マイクロコンピュータ応用) 閲覧 【授業概要】(2009/マイクロコンピュータ応用)

標準的な表示

和文冊子 ● マイクロコンピュータ応用 / Microcomputer Application Technique
欧文冊子 ● Microcomputer Application Technique / マイクロコンピュータ応用

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.84, Max(EID) = 409811, Max(EOID) = 1109787.