『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=168491)

EID=168491EID:168491, Map:[2007/応用測量学], LastModified:2008年2月1日(金) 09:08:53, Operator:[橋本 親典], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2008年 (平成 20年) [継承]
名称 (必須): (英) Applied Surveying (日) 応用測量学 (読) おうようそくりょうがく
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2008/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.先村 律雄 ([徳島大学.工学部.建設工学科])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 応用測量の基である測地学,地球を測る計測機器の測定原理とその利用法を知り,応用測量学を取り巻く理論·技術を学ぶ.次に,建設分野に関する,設計,測量,データ処理·解析の概要と流れを習得する.本講義は,建設工学の専門基礎科目の1つである測量学に関連するものであり,基本的理論と基本的な演習課題を解ける知識を習得することを目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 技術革新·グローバル化により応用測量学は地球規模での基本知識が不可欠であり,地球物理量の定義,各地球パラメータ,日本の測地系,地球を測る測定機器とその原理および利用目的について講義する.次に,土木分野に関する測定機器とその原理および利用例,誤差と精度の概念,路線データモデルと数値地形モデル,モデルと測量の関係について解説する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Geophysical Model (日) 地球物理量 (読) [継承]
2. (英) Geoid (日) ジオイド (読) [継承]
3. (英) Global Positioning System (日) GPS (読) [継承]
4. (英) Alignment Data Model (日) 路線データモデル (読) [継承]
5. (英) Digital Terrain Model(DTM) (日) 数値地形モデル (読) [継承]
先行科目 (推奨): 1.測量学 ([2008/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/測量学])
必要度 (任意):
[継承]
2.情報科学/情報科学入門 ([2005/[徳島大学]/基盤形成科目群/[共通教育]])
必要度 (任意):
[継承]
3.測量学実習 ([2008/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/測量学実習])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英)   (日) 測量学を受講しておくこと. 講義と試験は,電卓(三角関数機能付でプログラム機能付不可)が必要である.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) この科目は卒業時の「測量士補」および測量後の「測量士」の資格取得条件となる.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 地球規模の学問領域であることを理解する  
[継承]
2.(英)   (日) 建設分野の測量で必要な基礎知識を理解する  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) ガイダンス-応用測量概要  
[継承]
2.(英)   (日) 応用測量学と地球科学  
[継承]
3.(英)   (日) 地球の大きさと形状の定義  
[継承]
4.(英)   (日) 日本の座標系  
[継承]
5.(英)   (日) 高さの概念(ジオイドと重力)  
[継承]
6.(英)   (日) 各種計測機器とその原理  
[継承]
7.(英)   (日) 最新の計測機器の利用と紹介  
[継承]
8.(英)   (日) 中間試験  
[継承]
9.(英)   (日) 中間試験の返却および解説  
[継承]
10.(英)   (日) 測量データの数値処理  
[継承]
11.(英)   (日) 路線設計データモデル  
[継承]
12.(英)   (日) 数値地形モデル  
[継承]
13.(英)   (日) 測量データのImport/Export  
[継承]
14.(英)   (日) 特別講義1:世界の建設事情と日本の建設業の今後  
[継承]
15.(英)   (日) 特別講義2:最先端測量技術を用いた情報化施工  
[継承]
16.(英)   (日) 期末試験および授業評価アンケートの実施  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 2つの到達目標が達成されているか,それぞれレポート(50%) と試験(50%) によって評価し,それぞれ60%以上であれば合格とする.各到達目標の成績に対する配分は50%ずつとする.   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) 【成績評価】と同一である.   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) 本学科の教育目標の3(2) 100%に対応する.   [継承]
対象学生 (任意): 他学科,他学部学生も履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 特になし   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 空間情報学 村井俊治著 日本測量協会   [継承]
URL (任意): http://www.ce.tokushima-u.ac.jp/lectures/D0057 [継承]
連絡先 (推奨): 1.先村 律雄 ([徳島大学.工学部.建設工学科])
オフィスアワー (任意):
[継承]
2.橋本 親典 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座]/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース.建設構造工学講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 前半8回と後半8回を集中講義で行うので,日程の掲示にはよく注意しておくこと.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2007/応用測量学)
            →閲覧 【授業概要】(2006/応用測量学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2007/応用測量学) 閲覧 【授業概要】(2008/応用測量学) 閲覧 【授業概要】(2009/応用測量学)

標準的な表示

和文冊子 ● 応用測量学 / Applied Surveying
欧文冊子 ● Applied Surveying / 応用測量学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(4)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 6, LA = 0.96, Max(EID) = 372614, Max(EOID) = 996873.