『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=166058)

EID=166058EID:166058, Map:0, LastModified:2014年11月7日(金) 10:46:42, Operator:[北 研二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[任 福継], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.知能情報工学科.基礎情報工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Hara Kazuma (日) 原 一眞 (読) はら かずま
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.黒岩 眞吾 (千葉大学大学院 融合科学研究科)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Tanaka Kouji (日) 田中 康司 (読) たなか こうじ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.柘植 覚
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.任 福継 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座]/->個人[中川 福継])
役割 (任意): (英)   (日) 研究指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.獅々堀 正幹 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 研究指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.北 研二 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 研究指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Acoustic Model Adaptation Using Speech Synthesis for Codec Speech Recognition  (日) 符号化音声認識のための合成音声を用いた不特定話者音響モデルの適応法   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 現在,IP電話端末から音声認識システムを利用する場合,音声データ通信時における音声圧縮・伸張(符号化)の影響より固定電話と比較して音声認識精度が低下する問題がある.これを回避するため,符号化された多量の音声データを用いて音響モデルを再学習,及び適応する手法が提案されている.しかし,再学習や適応に必要となる多量の音声データを収集することは多大な労力と時間が必要となる.そこで本論文では,音声データの収集を必要としない音響モデル適応手法を提案する.本提案手法は,認識に用いる音響モデルから適応に必要な音声データを自己生成する手法である.本論文ではこの手法を実現するため,音響モデルの各分布より音素波形を合成し適応に用いる「合成音素波形による音響モデルの分布適応法」と連続音声を合成し適応に用いる「連続合成音声を用いた音響モデル適応法」を提案する.符号化方式G723.1を用いた音声認識実験結果より,連続合成音声を用いた音響モデル適応法は適応前の音響モデルの認識精度を改善することが分かった.これらの結果より,提案手法は適応データの収集を必要とせず,符号化音声を高精度に認識する手法として有効であるといえる.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 符号化音声認識 (読) [継承]
2. (英) (日) 音声符号化 (読) [継承]
3. (英) (日) HMM音声合成 (読) [継承]
4. (英) (日) 音響モデル適応 (読) [継承]
発行所 (推奨): 電子情報通信学会 [継承]
誌名 (必須): 電子情報通信学会論文誌(D) ([電子情報通信学会])
(pISSN: 1880-4535, eISSN: 1881-0225)

ISSN (任意): 1880-4535
ISSN: 1880-4535 (pISSN: 1880-4535, eISSN: 1881-0225)
Title: 電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム
Supplier: 一般社団法人電子情報通信学会
 (Webcat Plus  (医中誌Web (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): J90-D [継承]
(必須): 9 [継承]
(必須): 2541 2549 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2007年 9月 1日 (平成 19年 9月 1日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/110007380882/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 110007380882 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 原 一眞, 黒岩 眞吾, 田中 康司, 柘植 覚, 任 福継, 獅々堀 正幹, 北 研二 : 符号化音声認識のための合成音声を用いた不特定話者音響モデルの適応法, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J90-D, No.9, 2541-2549, 2007年.
欧文冊子 ● Kazuma Hara, Shingo Kuroiwa, Kouji Tanaka, Satoru Tsuge, Fuji Ren, Masami Shishibori and Kenji Kita : Acoustic Model Adaptation Using Speech Synthesis for Codec Speech Recognition, The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers D, Vol.J90-D, No.9, 2541-2549, 2007.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.36, Max(EID) = 375655, Max(EOID) = 1006532.