『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=164548)

EID=164548EID:164548, Map:0, LastModified:2008年9月8日(月) 19:44:43, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[川添 和義], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.佐々木 ひろみ ([徳島大学.病院.薬剤部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 南 有紀 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.池原 敏孝 ([徳島文理大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) (日) 細川 敬子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.山口 久雄 ([徳島文理大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.吉﨑 和男
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.木内 陽介
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.石澤 啓介 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.臨床薬理学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.川添 和義
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10.芳地 一
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11.水口 和生
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 牛副腎髄質由来細胞内の一過性Ca2+増加機構に対する磁界の影響   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 126 126 [継承]
都市 (必須): 松山 (Matsuyama/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2005年 11月 12日 (平成 17年 11月 12日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 佐々木 ひろみ, 南 有紀, 池原 敏孝, 細川 敬子, 山口 久雄, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 石澤 啓介, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 : 牛副腎髄質由来細胞内の一過性Ca2+増加機構に対する磁界の影響, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), 126, 2005年11月.
欧文冊子 ● Hiromi Sasaki, 南 有紀, Toshitaka Ikehara, 細川 敬子, Hisao Yamaguchi, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi, Keisuke Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Hitoshi Houchi and Kazuo Minakuchi : 牛副腎髄質由来細胞内の一過性Ca2+増加機構に対する磁界の影響, 第44回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), 126, Nov. 2005.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.49, Max(EID) = 373285, Max(EOID) = 998648.