『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=16448)

EID=16448EID:16448, Map:0, LastModified:2007年8月1日(水) 12:24:36, Operator:[日下 一也], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[日下 一也], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.生産システム講座 [継承]
2.徳島大学.工学部.電気電子工学科.物性デバイス講座 [継承]
著者 (必須): 1.日下 一也 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.生産工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.生産工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.英 崇夫
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.富永 喜久雄
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effects of Substrate Temperature and Successive Annealing on Residual Stress in AlN Films Dposited by Sputtering  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文はガラス基板上に製作したAlN膜の結晶配向性および残留応力挙動について検討した結果の報告である.スパッタリング法で作成したAlN膜はc軸配向性を有しており,通常のX線応力解析法の適用は不可能なので,著者等が新しく提案した応力測定法により残留応力測定した.製膜後の残留応力は1GPa以上の引張であり,基板温度の上昇により大きくなる.また,この残留応力は試料の加熱により基板と膜との熱膨張係数差による熱残留応力挙動に従うことを明らかにした.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Proceedings of the First International Symposium on Thermal Stresses and Related Topics (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 599 602 [継承]
都市 (必須): 浜松 (Hamamatsu/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1995年 6月 5日 (平成 7年 6月 5日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kazuya Kusaka, Takao Hanabusa and Kikuo Tominaga : Effects of Substrate Temperature and Successive Annealing on Residual Stress in AlN Films Dposited by Sputtering, Proceedings of the First International Symposium on Thermal Stresses and Related Topics, (巻), (号), 599-602, Hamamatsu, June 1995.
欧文冊子 ● Kazuya Kusaka, Takao Hanabusa and Kikuo Tominaga : Effects of Substrate Temperature and Successive Annealing on Residual Stress in AlN Films Dposited by Sputtering, Proceedings of the First International Symposium on Thermal Stresses and Related Topics, (巻), (号), 599-602, Hamamatsu, June 1995.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.67, Max(EID) = 360770, Max(EOID) = 966339.