『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=163739)

EID=163739EID:163739, Map:0, LastModified:2008年5月8日(木) 11:03:01, Operator:[山﨑 尚志], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[山﨑 尚志], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.ゲノム機能研究センター (〜2008年3月31日/->組織[徳島大学.疾患プロテオゲノム研究センター]) [継承]
2.徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 (2004年4月1日〜2015年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1.山本 武範
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Terauchi Satsuki (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Tachikawa Aiko (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.山下 菊治
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.片岡 正俊
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.寺田 弘 ([東京理科大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.篠原 康雄 ([徳島大学.先端酵素学研究所.基幹研究部門])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Two Critical Factors Affecting the Release of Mitochondrial Cytochrome c as Revealed by Studies Using N,N'-Dicyclohexylcarbodiimide as an Inducer of Permeability Transition  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) 45th American Society for Cell Biology Annual Meeting (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): サンフランシスコ (San Francisco/[アメリカ合衆国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2005年 12月 初日 (平成 17年 12月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Takenori Yamamoto, Satsuki Terauchi, Aiko Tachikawa, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Two Critical Factors Affecting the Release of Mitochondrial Cytochrome c as Revealed by Studies Using N,N'-Dicyclohexylcarbodiimide as an Inducer of Permeability Transition, 45th American Society for Cell Biology Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Francisco, Dec. 2005.
欧文冊子 ● Takenori Yamamoto, Satsuki Terauchi, Aiko Tachikawa, Kikuji Yamashita, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Two Critical Factors Affecting the Release of Mitochondrial Cytochrome c as Revealed by Studies Using N,N'-Dicyclohexylcarbodiimide as an Inducer of Permeability Transition, 45th American Society for Cell Biology Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Francisco, Dec. 2005.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.62, Max(EID) = 375659, Max(EOID) = 1006582.