『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=163737)

EID=163737EID:163737, Map:0, LastModified:2008年5月8日(木) 11:02:34, Operator:[山﨑 尚志], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[山﨑 尚志], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.ゲノム機能研究センター (〜2008年3月31日/->組織[徳島大学.疾患プロテオゲノム研究センター]) [継承]
2.徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 (2004年4月1日〜2015年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1.山田 安希子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.山本 武範
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.片岡 正俊
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.永田 俊彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.寺田 弘 ([東京理科大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.篠原 康雄 ([徳島大学.先端酵素学研究所.基幹研究部門])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Induction of Permeability Transition in Yeast Mitochondria Causes Release of Mitochondrial Cytochrome c  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) 45th American Society for Cell Biology Annual Meeting (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): サンフランシスコ (San Francisco/[アメリカ合衆国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2005年 12月 初日 (平成 17年 12月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Induction of Permeability Transition in Yeast Mitochondria Causes Release of Mitochondrial Cytochrome c, 45th American Society for Cell Biology Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Francisco, Dec. 2005.
欧文冊子 ● Akiko Yamada, Takenori Yamamoto, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Induction of Permeability Transition in Yeast Mitochondria Causes Release of Mitochondrial Cytochrome c, 45th American Society for Cell Biology Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Francisco, Dec. 2005.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.62, Max(EID) = 375368, Max(EOID) = 1006011.