『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=16311)

EID=16311EID:16311, Map:0, LastModified:2016年3月24日(木) 10:30:41, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[竹内 敏己], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (紀要その他) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.工学基礎教育センター.工学基礎講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Kushida Masahiro (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.今井 仁司
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.竹内 敏己 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.数理科学系.数理解析分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.数理解析講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) On Multiple Precision Calculation of Eigenvalues and Eigenvectors of Matrices  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文では,軸対称円筒系のゲルが縮小するときに起こる分岐現象に対して,著者がすでに提案した数理モデルを改良した数理モデルを提案した.また,定常解に対する安定性解析を行い,安定流域を求めた.さらに,分岐現象に関する数値シミュレーションを行い,その妥当性を示した.数値シミュレーションでは,差分法を使って軸方向に周期境界条件を課した発展方程式を解いた結果,実際の分岐現象で見られる収縮パターンが現れることを確認した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 文部省.核融合科学研究所 [継承]
誌名 (必須): (英) Proceeding of 1998-Workshop on MHD Computations ``Study on Numerical Methods Related to Plasma Confinement" (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): NIFS-PROC-40 [継承]
(必須):
(必須): 48 57 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1999年 4月 1日 (平成 11年 4月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Masahiro Kushida, Hitoshi Imai and Toshiki Takeuchi : On Multiple Precision Calculation of Eigenvalues and Eigenvectors of Matrices, Proceeding of 1998-Workshop on MHD Computations ``Study on Numerical Methods Related to Plasma Confinement", Vol.NIFS-PROC-40, (号), 48-57, 1999.
欧文冊子 ● Masahiro Kushida, Hitoshi Imai and Toshiki Takeuchi : On Multiple Precision Calculation of Eigenvalues and Eigenvectors of Matrices, Proceeding of 1998-Workshop on MHD Computations ``Study on Numerical Methods Related to Plasma Confinement", Vol.NIFS-PROC-40, (号), 48-57, 1999.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.37, Max(EID) = 359745, Max(EOID) = 963481.