『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=162533)

EID=162533EID:162533, Map:0, LastModified:2013年1月24日(木) 14:00:41, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[北川 哲也], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.器官病態修復医学講座 (2004年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1.黒部 裕嗣
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.井澤 有紀 ([徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.神経情報医学部門.病態情報医学講座.薬理学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Fukuhara Yayoi (日) 福原 弥生 (読) ふくはら やよい
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.神原 保
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.粟飯原 賢一 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).実践地域診療・医科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.赤池 雅史 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.社会医学系.医療教育学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.東 博之
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.北川 哲也
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.玉置 俊晃
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10.松本 俊夫
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11. (英) Ueno Masaki (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
12.冨田 修平
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
13.吉栖 正典
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) T Cell-specific HIF-1α-deficient Mice, but Not ARNT-deficient Mice, Exhibit Exacerbated Inflammation and Vascular Remodeling in Response to Cuff Injury  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) American Heart Association 2005 Scientifc Sessions (日) 米国心臓学会(AHA) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): ダラス (Dallas/[アメリカ合衆国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2005年 11月 12日 (平成 17年 11月 12日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hirotsugu Kurobe, Yuki Izawa, Yayoi Fukuhara, Tamotsu Kanbara, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma, Tetsuya Kitagawa, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto, Masaki Ueno, Shuhei Tomita and Masanori Yoshizumi : T Cell-specific HIF-1α-deficient Mice, but Not ARNT-deficient Mice, Exhibit Exacerbated Inflammation and Vascular Remodeling in Response to Cuff Injury, American Heart Association 2005 Scientifc Sessions, Dallas, Nov. 2005.
欧文冊子 ● Hirotsugu Kurobe, Yuki Izawa, Yayoi Fukuhara, Tamotsu Kanbara, Ken-ichi Aihara, Masashi Akaike, Hiroyuki Azuma, Tetsuya Kitagawa, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto, Masaki Ueno, Shuhei Tomita and Masanori Yoshizumi : T Cell-specific HIF-1α-deficient Mice, but Not ARNT-deficient Mice, Exhibit Exacerbated Inflammation and Vascular Remodeling in Response to Cuff Injury, American Heart Association 2005 Scientifc Sessions, Dallas, Nov. 2005.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.34, Max(EID) = 375653, Max(EOID) = 1006529.